ブラジルW杯通信BACK NUMBER

スペインの1トップ“1番人気”の男。
ジエゴ・コスタとティキタカの相性。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/12 11:00

スペインの1トップ“1番人気”の男。ジエゴ・コスタとティキタカの相性。<Number Web> photograph by Getty Images

記者会見などでも大人気のジエゴ・コスタ。今季リーガ27得点は、ロナウド31点、メッシ28点に迫る3位。今スペインで最もゴールの香りがするストライカーであることは間違いない。

 リスボンのピッチを、ベンチに向かって駆けていくジエゴ・コスタの姿があった。

 チャンピオンズリーグ決勝、試合はキックオフから数分しか経っていない。

 わずかな時間で太腿の故障を再発させた彼は、ベンチに寄ることなくロッカールームへと消えていく。シメオネが悔しそうな表情で何かを叫んだ。

 アトレティコはエース抜きで決勝を戦い、そして敗れ去った。1シーズン戦い続けてきた彼らの中の何かがぷつんと切れてしまった、そんな最後だった。

 アトレティコファンの間で、今も語られていることがある。

「もしCL決勝でジエゴ・コスタが万全の状態だったら……」

 前半早々の交代により、貴重な交代枠を失った。それは試合終盤のアトレティコに重くのしかかってくる。疲れ果てた彼らはほとんど動けず、そんな時間にセルヒオ・ラモスの同点弾は決まることになる。

 万全のジエゴ・コスタがいれば――。

 それはすべてのアトレティコファンの思いだった。

今やスペイン全体から注視されるジエゴ・コスタ。

 それから2週間が経ち、ワールドカップを控えた今、アトレティコファンだけでなく、ほとんどのスペイン人がそう願っている。

 ジエゴ・コスタはスペイン代表として、初めてのワールドカップに挑もうとしている。

 決勝で再発させた負傷もひとまずは癒えた。大会直前の親善試合エルサルバドル戦にも先発出場。デルボスケは試合によりCFを変えていく方針を継続するだろうが、コスタはその軸になる可能性を秘めている。

 CFを巡っては、実に様々な意見がある。スペイン国内でも世論ははっきりと4つに分かれている。

【次ページ】 “トーレス派”、“ビジャ派”、“セスク派”もいる。

1 2 3 NEXT
ジエゴ・コスタ
アトレティコ・マドリー
ビセンテ・デルボスケ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ