MLB東奔西走BACK NUMBER

「ダイスケはブルペンで価値が高い」
松坂大輔、久々の勝利と遠い“先発”。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/31 10:30

「ダイスケはブルペンで価値が高い」松坂大輔、久々の勝利と遠い“先発”。<Number Web> photograph by Getty Images

5月25日のダイヤモンドバックス戦、6回3安打2失点6三振2四死球で今季2勝目を挙げた松坂大輔投手。2回には打者としてレフト前ヒットを放つなど、投打にわたる活躍を見せた。

中継ぎの経験が活きた、久々の先発登板。

 だからと言って松坂は、先発に戻りたいなどと一言も発することはないし、中継ぎにいながらも更なる成長を目指して経験を積み重ねている。

 今回の先発も第1試合と第2試合の休憩時間はわずか30分足らず。その中で慌ただしく準備をせざるを得なかった。

「(中継ぎ投手として)ブルペンに入って早く(肩を)つくらなければならない状況が何度かあったので、それがあったから大丈夫だったんじゃないかと思います」

 しかも、先発として投げ続けながら気持ちの面では中継ぎ投手の心構えで投げていたという。

「意識としてはリリーフの気持ちというか、1イニングごとにしっかり抑えていこうと。その積み重ねで、結果として長いイニングを投げられればいいなと思ってました。気持ちの持ち方はリリーフの経験が生きたんじゃないんですかね」

 現状に不満を感じるのではなく、常に前を見続けている松坂。好む好まざるに関わらず、現状を受け入れ、投手として更なる進化を目指している。

現状では困難な松坂の先発復帰。

 コリンズ監督が指摘するように、今の投手陣の状況が続く限り、松坂を先発に回すのはかなり難しい。

 しかし、メヒアがこのまま好投を演じ、将来的にクローザーとして期待されている若手のビック・ブラック投手が成長を遂げれば、かなり中継ぎ陣が安定することになり、再び先発としての松坂の資質が注目されるようになるかもしれない。

 とはいえ複数要素が入り乱れ、簡単に結論が出る話ではないことだけは確かだ。

 チーム事情が最優先されるのは仕方がないが、やはり松坂が先発として思う存分投げる姿を見たいと願うのは単なるわがままなのだろうか……。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松坂大輔
ニューヨーク・メッツ
テリー・コリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ