ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

大スター来日が孕む光と影。“野球本”を超えた充実の一冊。
~『大戦前夜のベーブ・ルース~』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/06/04 10:00

大スター来日が孕む光と影。“野球本”を超えた充実の一冊。~『大戦前夜のベーブ・ルース~』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『大戦前夜のベーブ・ルース 野球と戦争と暗殺者』 ロバート・K・フィッツ著 山田美明訳 原書房 2800円+税

 今年は日本にプロ野球が誕生して80周年、その契機が1934年(昭和9年)、ホームラン王ベーブ・ルースを擁する大リーグ選抜チームの来日だった。日本は、職業野球チーム「大日本東京野球倶楽部」を結成し16試合を戦い全敗した。大敗の後「倶楽部」は「巨人軍」となって日本のプロ野球の幕が開く。よく知られた史実だ。この日米野球が当時の日米の新聞、雑誌の記事、当事者の回想録等の膨大な資料(参考文献8ページ、注14ページ、記録5ページ)を基によみがえった。

 正力松太郎のプロ野球と新聞とを結びつけた経営眼と部下の鈴木惣太郎のルース招聘に至る活動から、数十万人の「万歳!」の声で揺れた銀座の歓迎パレード。北は函館から南は小倉まで、全国を転戦した16試合が多彩なエピソードで詳述される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ