濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

5大タイトルマッチに分かれた明暗。
DEEPという戦場はなぜ過酷なのか。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/05/04 10:30

5大タイトルマッチに分かれた明暗。DEEPという戦場はなぜ過酷なのか。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

ライト級王座を防衛し、リング上でプロポーズを果たした北岡悟。フェザー級は横田一則が津田勝憲を、ライトヘビー級王座は中西良行が井上俊介をそれぞれ下し防衛、ウェルター級は悠太が奥野“轟天”泰舗を下し新王者に輝いた。

北岡はなぜ勝つことができたのか。

 試合中、常にタックルで先手を取った北岡は、勝因の一つを「相手が受身に回ってくれた」ことだと語っている。そして相手にそうさせたのは「僕の歴史」があったからだと分析した。元パンクラスのトップ選手で戦極初代王者、数々の大舞台を経験した歴史と、それがもたらす存在感の大きさが武器になったのだ。

「若くていい選手はいっぱいいるんです」と北岡は言う。試合前に極度の重圧を感じたのも、宮崎の実力を認めているからこそだった。でも、と彼は付け加えた。「強いだけじゃなく、自分にスポットライトを当てさせる努力も必要なんですよね。僕はそれをやってきたから」

 北岡は自分の過去と現状を冷静に受け止めていた。DEEPという戦場の過酷さを、誰よりも感じていたのだ。だからこそ、彼はこの日、生き残ることができた。

関連記事

BACK 1 2 3
北岡悟
横田一則
大沢ケンジ
大塚隆史
ラマザン・エセンバエフ

格闘技の前後の記事

ページトップ