SCORE CARDBACK NUMBER

柔道女子48kgの“新星”、
18歳の近藤亜美に注目。
~谷、福見、浅見超えを目指せ~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2014/05/02 10:30

柔道女子48kgの“新星”、18歳の近藤亜美に注目。~谷、福見、浅見超えを目指せ~<Number Web> photograph by Shino Seki

試合4日前に入社したばかりの「新入社員」。先輩の山岸から得意技の払腰で有効を奪った。

 8月にロシア・チェリャビンスクで柔道の世界選手権が行なわれる。

 同大会の日本代表の中でも注目を集めているのが48kg級で選ばれた近藤亜美だ。

 高校を卒業して三井住友海上に入社したばかりの近藤は、4月5日、全日本選抜体重別選手権に初出場で初優勝を遂げたのが決め手となって代表に選ばれた。畳の上では表彰式でも表情を緩めなかったが、畳を降りると一変。

「1試合1試合をきちんとやろうと思っていたら、優勝していた感じです」

 満面の笑みを浮かべた。

「(他の選手の)胸を借りるつもりでいました」という言葉からも、無欲の勝利だったことがうかがえる。だが、このところの成長は目を見張るものがある。昨年は高校総体優勝など好成績を残し続け、11月のグランドスラム東京ではロンドン五輪金メダリストと昨年の世界選手権チャンピオンを破って優勝したのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

近藤亜美
山岸絵美
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ