ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ドイツは「紙の上のトップチーム」?
W杯の本命が陥った不振と“慢心”。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/03/13 16:30

ドイツは「紙の上のトップチーム」?W杯の本命が陥った不振と“慢心”。<Number Web> photograph by Getty Images

チリとの親善試合で、勝利こそしたものの「らしさ」を発揮できなかったドイツ。ワールドカップの大本命は、あと3カ月で調子を取り戻せるのだろうか。

 ブラジルW杯の優勝候補であるドイツは、シーズン中最後のテストマッチの相手にチリを選んだ。しかし、シュツットガルトで行なわれたこの試合では1-0でチリを下したものの、試合内容はあまりにお粗末なものとなった。そのため、批判が殺到している。

「我々は紙の上ではトップチームだが、現実には少し違うように見えた。試合を支配していたのはチリだ。幸運な勝利をつかんだに過ぎない」

 レーブ監督はそのように振り返ったが、試合中に彼が怒りをあらわにする映像がたびたびTVに映され、新聞も彼が怒り狂う様子をとらえた写真を掲載した。

「W杯でタイトルを獲る状態ではない」と酷評された。

『キッカー』誌は「唯一のポジティブな面は、結果である」と伝えたし、『ビルト』紙は「W杯でタイトルを獲る状態ではない」と書いたうえで、読者が希望するベストイレブンについてアンケートをとった。結果は以下の通り。

GKノイアー
DFボアテンク、メルテザッカー、フンメルス、ラーム
MFシュバインシュタイガー、ケディラ、ミュラー、ゲッツェ、ロイス
FWクローゼ

 そして『ビルト』紙は、攻撃の中心であるエジルが、読者の選ぶベストイレブンから外れたことをおもしろおかしく報じていた。

 ちなみに、実際のチリ戦には以下のようなメンバーで臨んだ。

GKノイアー
DFグロスクロイツ、メルテザッカー、ボアテンク、ヤンセン
MFシュバインシュタイガー、ラーム、エジル、クロース、ゲッツェ
FWクローゼ

 ギュンドガンとケディラは怪我からの復帰の見通しがまだたっておらず、この試合ではさらにS・ベンダー、L・ベンダー、ミュラー、ゴメス、フンメルス、ロイスなども怪我により起用できる状態にはなかった。

【次ページ】 中盤以降は、ノイアーのビッグセーブ頼みという展開。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヨアヒム・レーブ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ