フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

高橋大輔、“絶望”からのソチ五輪。
仲間たちの思いを胸に、エースは甦る。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/12/24 11:50

高橋大輔、“絶望”からのソチ五輪。仲間たちの思いを胸に、エースは甦る。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

フリーの演技で右手から血を流した高橋。「人生でこんなに悔しい思いをしたことがなかった」と、代表発表の前の晩は寝られなかった。

鈴木明子の初タイトルと安藤美姫の引退。

 波乱万丈としか言いようのない男子に比べると、女子は浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子という比較的順当な五輪メンバー選抜となった。

 もっとも予想外だったのは、浅田真央が本来の演技を見せられずに3位に終わったことである。GPファイナル後、持病の腰痛が悪化して満足に練習もできなかったというが、メディアの前では言い訳がましいことは口にしなかった。

「この悔しさを次の試合にぶつけられるようにもう一度気持ちを切り替えて、パワーアップした演技をするようにしたいです」

 ソチ五輪までに体を休めて、彼女らしい演技を見せてくれることを願いたい。

 初タイトルを手にしたのは、会心の演技とも言える素晴らしい滑りを見せた鈴木明子だった。

「本当にここまで簡単な道ではなかった中で、支えてきてくれた皆さんの笑顔が思い浮かんで、この全日本でここまでの演技ができて達成感がありました」

 練習では決して好調ではなかったジャンプも本番ではみごとに決め、無我の境地へと到達したかのような、すがすがしさを感じさせる演技だった。

 村上佳菜子はGPシリーズの不調から一念発起し、2位に入賞して見事五輪初出場への切符を手にした。

 4月に出産を経て、ソチ五輪を最後の舞台にすることを目標にしてきた安藤美姫は、総合7位に終わり試合後、競技引退を宣言。二度も世界選手権のタイトルを獲得しながらも、ついに五輪のメダルは手にしないまま競技引退というのは、少し残念な気持ちもする。

 だが、本人は「このような素晴らしい全日本の場に立つことができて、最終グループで滑らせていただいたので、今日のこの日が一番幸せだったなと思います」と笑顔で現役生活に別れを告げた。今後は指導者としての道を希望しているという。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
高橋大輔
伊東秀仁
羽生結弦
町田樹
織田信成
小塚崇彦
鈴木明子
安藤美姫
村上佳菜子
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ