フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

高橋大輔、“絶望”からのソチ五輪。
仲間たちの思いを胸に、エースは甦る。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/12/24 11:50

高橋大輔、“絶望”からのソチ五輪。仲間たちの思いを胸に、エースは甦る。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

フリーの演技で右手から血を流した高橋。「人生でこんなに悔しい思いをしたことがなかった」と、代表発表の前の晩は寝られなかった。

五輪のメダル候補が5人も! 世界一厳しい代表争い。

 だがその一方で3位に入った小塚崇彦も、今シーズンのGPシリーズでこそ不調だったとはいえ、これまでに世界選手権銀メダル、GPファイナル銀メダルを手にしている選手である。 

 また4位だった織田にしても、3つのどの条件も満たしていないがGPファイナルでは銅メダルを手にしている。これほど過酷な代表争いを繰り広げる現在の日本でなければ、当然五輪の代表になれるだけの実力を持っているのだ。

 メダルを競える選手が少なくとも5人いる。だが代表枠は3枠しかない。

 どう選んでも、批判の声が出ることは避けられない。日本スケート連盟にとって、身を切るような苦しい選択であったに違いないが、選考会では満場一致で高橋大輔を選出したのだという。

仲間たちの無念を受け止めて臨むソチ五輪。

「昨日まで絶望していたので、ここにいられて本当に嬉しく思います」

 五輪チームが正式に発表されてから、高橋はほっとした表情でそう言った。

「今までの生ぬるい自分ではなく、追い込んで追い込んで、日本代表に恥じない演技を五輪で一生懸命やってきます」

 そう口にした高橋は、己に厳しく誇り高い選手である。怪我さえなければ、こうした形での代表選抜ではなかったはず、という無念な思いを抱いているはずだ。

「頑張ってくる」と、高橋は小塚に誓ったという。

 長年トップで競ってきた仲間だからこそ、代表から漏れた小塚や織田らの気持ちを、誰よりも理解しているのだろう。その思いをしっかりと受け止めて、ソチ五輪では必ず世界王者らしい演技を見せてくれるに違いない。

【次ページ】 鈴木明子の初タイトルと安藤美姫の引退。

BACK 1 2 3 4 NEXT
高橋大輔
伊東秀仁
羽生結弦
町田樹
織田信成
小塚崇彦
鈴木明子
安藤美姫
村上佳菜子
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ