プレミアリーグの時間BACK NUMBER

攻撃・積極・若手でエバートンが再生。
前任モイーズ越えに挑むマルティネス。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/03 10:30

攻撃・積極・若手でエバートンが再生。前任モイーズ越えに挑むマルティネス。<Number Web> photograph by AFLO

11月23日に行なわれた12節マージーサイド・ダービーで、戦況を見つめるマルティネス監督(手前)とリバプールのロジャーズ監督。

サポーターは早くも来年1月のダービーに思いを馳せる。

 開幕から不動だった4バックだが、リバプール戦で負傷したベインズが1カ月ほど戦列を離れることになる。バリーは、今夏に獲得した本来の目的である新ボランチとしての先発継続が妥当だろう。すると、本職の左SBに計算できる控え選手が乏しいが、マルティネスであれば、ブライアン・オビエドを戦力化できるかもしれない。23歳のコスタリカ代表MFは、昨年の移籍以来、すっかり忘れ去られている。だが、選手をその気にさせて限られた戦力を最大限に引き出す手腕は、ウィガンでの昨季、決勝でマンチェスター・シティを下したFAカップ優勝でも実証されている。

 マルティネスのエバートンには、マンUとアーセナルとの連戦という、12月前半に試練が待ち構えている。しかし、仮に連敗したとしても心配には及ばない。モイーズ体制では最高のスタートを切り、最終的にトップ4入りも果たした9シーズン前でさえ、11月の時点で既に3敗を喫していたのだ。

 攻撃姿勢の強まりをも目撃しているサポーターたちは、1月28日に訪れる今季2度目のダービーに思いを馳せ、攻めの姿勢でリバプールに挑み、15年ぶりに敵地で勝利を飾るエバートンを夢見ながら新年を迎えることだろう。

 リバプールの誘いを蹴ってやって来た、エバートンの新時代に相応しい新監督と共に。

関連記事

BACK 1 2 3 4
リバプール
エバートン
フルアム
ロベルト・マルティネス
ウィガン
デイブ・ウェラン
ロイ・ホジソン
デイビッド・モイーズ
ブレンダン・ロジャーズ
ロメル・ルカク
ロス・バークリー
ジェームズ・マッカーシー
レイトン・ベインズ
ジェラール・デウロフェウ
ギャレス・バリー
ブライアン・オビエド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ