Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<狂気の左サイドバックが語る代表の20年> 都並敏史 「僕を一回り超える世界基準の男が現れた」 

text by

一志治夫

一志治夫Haruo Isshi

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2013/11/15 06:01

<狂気の左サイドバックが語る代表の20年> 都並敏史 「僕を一回り超える世界基準の男が現れた」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

Jリーグでみんなの意識が変わったわけです。

 '93年にプロリーグができた当時、都並は、20年後に長友のような選手が出てくると想像はしたのだろうか。

 リーグの繁栄という意味ではちょっとわからなかった。あのときは、僕らも舞い上がっていたわけで、このまま続けばいいな、とは思っていたけど。日本代表のサッカーに関しては、絶対に成長していくなという確信を抱いていた。日本代表の選手はもともと意識は高かったけれど、それでも何かが足りなくて、Jリーグが始まってみんなの意識が変わったわけですよ。

 Jリーグができる前は、日本代表のことなんか気づかなくていいよ、俺が苦しくなるからと思っていたんだけど、できてからは、みんなが代表を目指すようになってレベルが上がった。

 だから、1993年は、日本サッカーが成長していく中で、大事な転換点、大きなポイントのひとつだったんです。その後の20年を見てもわかるように。

ドーハの悲劇、20年目の真実。

Sports Graphic Number 839

ドーハの悲劇、20年目の真実。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

都並敏史
長友佑都

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ