なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

澤、近賀復帰でナイジェリアに完勝。
DFには光明、課題は攻撃の新戦力。 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/09/28 08:01

澤、近賀復帰でナイジェリアに完勝。DFには光明、課題は攻撃の新戦力。<Number Web> photograph by Getty Images

澤の復帰はチームにとってもちろん大きい。しかし新戦力が彼女のポジションを脅かしてこそ、なでしこは2015年のW杯へ向けて進むことができる。

なでしこの活性化に必要不可欠な新戦力の台頭。

 ただし、懸念が残る部分ももちろんある。2戦を通したパフォーマンスで新たな発見があったのはDF陣ぐらいで、MF、FWではロンドン五輪までの面々を脅かす存在が見当たらなかった。

「国際レベルで通用する気構え、当たりの強さ、知識が若い選手に足りない。日頃の試合から意識して身につけていかないと。ベテランはやはり、当たり前のことを当たり前にやれる。ただ若手とベテランとはもともと経験値の違いがあるので、なかなか差が埋めきれないところではあるのですが」

 とは佐々木監督の言葉だが、監督の嘆く「差」を一気に飛び越えてくるイキのいい新戦力が、アタッカー陣に現れるか否か。2015年女子W杯でのなでしこの命運は、その一点にかかっているように思われる。

 W杯本番まであと約2年。なでしことしての今年の代表活動はもう終わりだから、正確には1年半程度しかない。若手選手の急成長に要する時間としては十分だとも、不足だとも言える。少なくとも、これから2015年にかけて、監督自身が描く青写真はもちろん、それをバックアップする日本協会の強化プランにも、細心の注意が求められる。

 物足りない相手とテストマッチをやるような時間の余裕は、もう残されていないのだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
澤穂希
佐々木則夫
鮫島彩
宮間あや
上野紗稀
近賀ゆかり

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ