詳説日本野球研究BACK NUMBER

バレンティンが超えようとする、
王貞治“55本の奇跡”を再検証。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/09/04 10:31

バレンティンが超えようとする、王貞治“55本の奇跡”を再検証。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1964年9月23日、後楽園球場で行われた巨人対大洋の28回戦。5回裏、王貞治は大洋の佐々木吉郎投手から右越えにホームランを放ち、シーズン55本塁打の日本新記録を達成した。

運命に導かれ、“世界の王”となった男。

 早実では選抜で優勝投手になるなど大活躍し、'59年に巨人に入団。そして3年目のシーズンが終わったオフに荒川が巨人の打撃コーチとして入団してくる。荒川は王のバッティングを多摩川グラウンドで見るなり、「野球のボールじゃあ無理だな。ドッジボールでも投げなきゃ打てんな。遊びは上手になったらしいが、野球は下手になったな」と言った。ここから二人三脚で猛練習に明け暮れ、王は世界のホームラン王への階段を駆け上がっていくのである。

 王の野球人生をなぞっているだけで、こんな偶然がいくつも重なることがあるのかと不思議な気分になる。“世界の王”になるようにレールが敷かれ、王は運命に導かれるままそのレールの上をひた走ってきた。バレンティンが相手にしているのは、そういう男が作った記録なのである。

 多くの野球ファンばかりでなく、「アメリカのメジャーをお払い箱になった選手に(王の記録が)破られたくない」と野村克也氏のようなプロ野球OBも口にするほど、王のシーズン55本塁打は聖域のように扱われてきた。だが、私はバレンティンに王たちの持つシーズン55本塁打を超えてほしいと思っている。新たな目標が設定されて、中村剛也(西武)たちの次なる挑戦が始まるのだから。

※参考文献:王貞治『野球にときめいて 王貞治、半生を語る』(中央公論新社)

関連記事

BACK 1 2 3 4
王貞治
バレンティン
中村剛也
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ