詳説日本野球研究BACK NUMBER

バレンティンが超えようとする、
王貞治“55本の奇跡”を再検証。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/09/04 10:31

バレンティンが超えようとする、王貞治“55本の奇跡”を再検証。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1964年9月23日、後楽園球場で行われた巨人対大洋の28回戦。5回裏、王貞治は大洋の佐々木吉郎投手から右越えにホームランを放ち、シーズン55本塁打の日本新記録を達成した。

バレンティンが王を上回る部分とは。

 ここまでの比較では王が少しずつバレンティンを上回っているが、バレンティンが上回っている分野もある。まずスランプの短さである。王は3月31日の7号ホームラン以降、4月2日から4月19日までの13試合でホームランを記録していない。それに対してバレンティンは開幕こそ出遅れたが、4月16日の第1号ホームラン以降、10試合以上ホームランが出なかったことが一度もない。この安定感は特筆されるべきである。

 またホームランを打っている投手もバレンティンのほうが多い。まず、どんな投手から打っているのか、本数の多い投手を紹介する。

◇王にホームランを打たれた投手(成績は'64年)
7本/金田正一……27勝12敗、防御率2.79
5本/稲川誠……21勝13敗、防御率2.91
3本/村山実……22勝18敗、防御率3.32
         竜憲一…… 8勝 7敗、防御率4.17
         佐々木吉郎…… 5勝 7敗、防御率2.54

◇バレンティンにホームランを打たれた投手(成績は今季)
3本/吉川輝昭…… 2勝 2敗、防御率7.43
         大竹寛…… 7勝 8敗、防御率3.53
2本/4人

16年間10割を超えるOPSを記録した王の異次元さ。

 王が一流投手を数多く打ち込んできた、という意味でこのデータを出しているわけではない。王が3本以上のホームランを5人から記録しているのに対し、バレンティンが3本以上のホームランを放っているのは吉川と大竹の2人だけ。つまり、バレンティンは特定の投手をカモにしているのではなく、数多くの投手からホームランを打っている、という部分で異色なのである。

 王が'64年にホームランを打った投手は32人、それに対してバレンティンは44人。キャッチャーの配球の傾向を研究した結果、「カモと苦手」が特定の投手に偏らなくなったというバレンティンの言葉を裏付けるデータである。

 バレンティンの“王超え”が近づくにつれて投手の四球攻めが多くなっているが、この分野は王の独壇場である。'63年から'78年までの16年間、100個以上の四球を記録し、この間のOPS(出塁率+長打率)は常に10割以上。8割超えれば一流と言われる中で、16年間10割以上のOPSを記録した王は化け物である。

【次ページ】 2位に大差をつけて史上最多四球の王貞治。

BACK 1 2 3 4 NEXT
王貞治
バレンティン
中村剛也
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ