スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

メジャー移籍濃厚のダル、岩隈、中島。
ポスティング市場での「値段」は? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/10/19 10:30

メジャー移籍濃厚のダル、岩隈、中島。ポスティング市場での「値段」は?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロとして活躍し始めた頃のダルビッシュは、父親が勧めても頑なに断るほどメジャー進出の欲がまったく無かった。日ハムやWBCでの活躍で自信もついたはずだが……

“お買い得感”が中島のセールスポイント。

 中島が二塁手へのコンバートを有力視されているのは、松井稼頭央がメッツ時代に遊撃手としてレギュラーに定着できなかったという前例があるからだ。

 運動能力の高い選手たちが集まる遊撃手は、たしかに日本人にとって競争するには分が悪い。その後、井口資仁が二塁手として成功したこともあり、岩村明憲も三塁から二塁へ、そして中島もコンバートした方がメジャーで力量を発揮できるのではないかと見られている(メジャーのスカウトの間では日本の内野手、特にパ・リーグの選手は人工芝でプレーすることが多いので、信頼度が低いのだ)。

 もうひとつの中島の魅力は、ポスティング・フィーが低く抑えられると見られているからだ。

 岩村の場合、レイズ(入団当時はデビルレイズ)が支払った代金は約4億円だった。これに2年契約でトータル8億円前後の契約ならば、十分に成立する可能性がある。

 個人的にはかつて日本人選手と契約し、選手も相応の成績を残したマリナーズ、カージナルス、ドジャースあたりが有力ではないかと見る。

日本の球団にとっては70円台突入もありうる円高が大問題!!

 選手を送り出す球団側にとって気になるのは、入札額だけではなく近ごろの「円高基調」だろう。

 貿易論にたとえれば、日本の球団側は輸出企業なので円安に振れた方が実入りが良くなる。1ドル70円台に突入しようものなら、損失も増えていく。

 日本の球団経営陣にとっては気がもめる日々が続くことだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
ダルビッシュ有
岩隈久志
中島裕之

MLBの前後の記事

ページトップ