SCORE CARDBACK NUMBER

日本人には試練の1年。
球団選びの重要性を思う。
~松井秀喜と高橋尚成の明暗~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/10/20 06:00

日本人には試練の1年。球団選びの重要性を思う。~松井秀喜と高橋尚成の明暗~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

シーズン終盤には復調の兆しを見せたものの、「残念な1年だった」と振り返った松井秀喜

 2010年大リーグ公式戦の全日程が終了した。今年もイチローが9月23日に10年連続200本安打を達成し、新たな歴史を刻んだ。その一方で、14人の日本人メジャーは、それぞれに苦悩し、厳しい現実と向き合ってきた。

 各選手とも事情は異なるものの、今季は試練多き1年だった。エンゼルスに移籍した松井秀喜は、最終的に20本塁打、80打点をクリアしたものの、前半戦の低迷が響き、来季の再契約は難しい状況となった。昨季の4勝から復活を期したレッドソックス松坂も、春季キャンプでの調整遅れに始まり、復帰後は好不調の波が激しく、2ケタ勝利には届かなかった。アストロズからロッキーズ傘下に移籍した松井稼頭央、パイレーツ岩村は、ともにシーズン途中からマイナー暮らし。前半戦、相次ぐ故障に見舞われ、戦列を離れたオリオールズ上原は、一時は「引退も考えていた」と漏らすほどだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

Sports Graphic Number 764

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

 

関連記事

松井秀喜
松坂大輔
上原浩治
福留孝介
高橋尚成

MLBの前後の記事

ページトップ