野球善哉BACK NUMBER

マウンドに立つ背番号「90」と「70」。
楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/06/19 12:40

マウンドに立つ背番号「90」と「70」。楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

二軍時代からのファンも多い八木。好投が報われず完封負けを喫することも多いが「味方が0点の時は、自分も0点に抑えなければいけないんです」とコメントしている。

大学進学した途端、関西の大学リーグを席巻した宮川。

 '09年に入学した大阪体育大学では1年春の開幕からデビューを果たす。

 高校生を圧倒した宮川独特の縦のスライダーは、関西でもっとも熾烈な争いを繰り広げる阪神大学野球リーグでも通用したのだった。近年このリーグは、松永昂大(関西国際大→大阪ガス→ロッテ)、益田直也(関西国際大→ロッテ)、小山雄輝(天理大→巨人)ら、多くの投手をプロに送り込んでいる。

 宮川は開幕戦でなんなく初勝利を挙げると、当時王者と言われた関西国際大との対戦で、松永・益田に投げ勝っている。春のリーグでは防御率0.77、ベストナインを獲得する大活躍で、阪神リーグを席巻したのだった。

 ところが、宮川の勢いは長くは続かなかった。

 右肘の故障で調子を落とすと、同年秋のリーグ途中から、同級生の松葉貴大(現オリックス)にエースの座を奪われてしまったのだ。後に復調したものの、松葉がエースとして君臨し、宮川は2番手に甘んじた。リーグでは2枚看板を形成し、4季連続優勝を果たした。だが、全国大会では松葉がマウンドに上がり、宮川はブルペンを温めることが多かった。

ドラフトで同期のエースが1位指名を受けるなか、育成枠での指名。

 そして歳月は流れて2012年秋、運命のドラフト指名――。

 チームメイトの松葉がオリックスの1位指名を受ける中、宮川に声が掛かったのは育成ドラフトになってからだった。「もう指名はないと思っていた」だけに、楽天から指名が掛かった時は涙したが、「育成選手」という言葉が彼に突き付けられた現実だった。

 それでも宮川は、スライダーを武器にプロ入り早々から頭角を現す。ファームで主に中継ぎを務めると、14試合に登板。3勝を挙げ、防御率2.89と存在感を示した。楽天の救援陣が心もとないこともあって、ついに支配下登録をつかんだ。

 そして、6月5日のヤクルト戦で一軍初登板。2イニングを無失点で抑えるデビューを果たした。

 もっとも、冒頭の言葉にあるように、支配下登録が彼の目標ではない。

 中継ぎ投手として目指す道標が宮川にはあり、さらには大学時代、途中から追い抜かれた同級生に対してのライバル心もいまだある。

「ガムシャラにやっているのが今のいい結果に繋がっているのかなと思います。スライダーはプロでも通用するという自信はつかめました。でも、この球だけじゃダメなので、ストレートの質を上げることと、新しい球種を練習しています。試合ではまだ使えませんが、手ごたえは感じてきています。今は、負け試合での登板だけですが、小山(伸一郎)さんや青山(浩二)さんのように、しびれる場面を任されるようなピッチャーになりたい。松葉は3勝を挙げているんですよね。アイツにできるなら、自分にもできる。負けていない自信があるんで」

【次ページ】 初めて見た、背番号「70」のレプリカユニフォーム。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東北楽天ゴールデンイーグルス
宮川将
八木亮祐
東京ヤクルトスワローズ
松葉貴大
藤浪晋太郎
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ