ロングトレイル奮踏記BACK NUMBER

道に迷い、ヒルに襲われるも……、
「トレイルが日常、街が非日常」に。 

text by

井手裕介

井手裕介Yusuke Ide

PROFILE

photograph byYusuke Ide

posted2013/06/14 12:45

道に迷い、ヒルに襲われるも……、「トレイルが日常、街が非日常」に。<Number Web> photograph by Yusuke Ide

トレイル上にある「マクドナルド」を示す看板を前に興奮する井手くん。

アメリカ開拓史の大動脈ルート66も今は廃れて……。

 ヘロヘロになりつつCajon pass(カホンパス)という峠に辿り着く。

トレイルは線路も跨いでいく。

 実はこの峠、あの「ルート66」が通っていた地点なのだ。事前に調べていた僕はハイカーに言う。

 しかし、みんな総じて「そうだったんだ。知らなかったよ」という答え。中には「ルート66ってなんだ?」という人もいる。

 実際、アメリカ開拓史の大動脈であったルート66は、トラックのタイヤと空き缶が転がり、廃れた様子だった。ジョン・スタインベックが「母の道」と呼んだ歴史的な道路も、埃を被ったような記念碑が微かに残るだけで、さみしげだ。

 スタインベックといえば、つい最近オクラホマで起きた竜巻に関して、心配するメールを母からもらったが、土地勘のなさに笑ってしまった。僕がいるのは“希望の地”カリフォルニアだというのに。

「シャシンカ! お前、結局今日も歩いちまったな(笑)」

 その日は皆疲れてしまい、ハイウェイ沿いの「ベストウエスタン」というモーテルチェーンに泊まった。

 ロジャーと、先程の女の子2人と僕の4人でシェアしたので、1泊15ドルほど。僕らの旅の計画を聞いた受付の女性は、呆れた顔をしてハイカー用ディスカウントを用意してくれた。

 翌朝、僕がここぞとばかりにモーテルでのパンケーキとソーセージの朝食を大量に詰め込んでいると、3人は早々にトレイルへ向かった。

 僕も慌てるように荷物を片付けてチェックアウト。今日も30マイルほど歩けば次の町につく。急ぐ必要はないのだが、皆が行くので引っ張られるように僕も進む。

 時速2マイルは時速3マイルに。1時間に1本取っていた休憩は2時間に1本で十分になってきた。体が慣れてきたのだろうか。

 とにかく、次の補給地点に1日で着いてしまった。

 陽が暮れた頃に町に着くと、またもロジャーと会う。他のハイカーも沢山いる。

「シャシンカ! お前、結局今日も歩いちまったな(笑)」

 いつかのように彼にエンジェルを紹介してもらい、この町でもすぐに泊まる場所を確保出来た。部屋の床に寝袋を敷いて眠る。

【次ページ】 いつしかトレイルが日常、街が非日常に……。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ