野球クロスロードBACK NUMBER

二塁打量産中の「打者・大谷翔平」。
好調支える“流し打ち”と“中田翔”。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/06/12 12:25

二塁打量産中の「打者・大谷翔平」。好調支える“流し打ち”と“中田翔”。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「(打者として)塁に出て、息が上がったままマウンドに行っても、間合いを長くしたりして工夫していかないと」と語るなど、“5番・投手”の準備に余念のない大谷。

18日広島戦での二刀流デビューへ、準備は整いつつある。

 11日に行われたイースタン・リーグの巨人戦で先発し、7回2失点、13三振を奪った大谷。投手として着実にステップアップを果たしつつ、打者としては中軸を担えるだけのパフォーマンスを見せつけている。

「5番・投手」として本格的な二刀流デビューが予定されている、18日の広島戦への準備は整いつつある。

「自分が投げる試合では、打てないよりは打てたほうがいいので、状態をよくして臨みたいと思います」

 大谷は、控えめにそう抱負を述べる。

 賛否が分かれる「二刀流論争」の渦中にいながら、いい意味で期待を裏切り続けた男である。真のデビュー戦となる広島戦でもきっと、周囲に鮮烈な記憶を植え付けてくれるのは間違いないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
中田翔

プロ野球の前後の記事

ページトップ