欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

CL前のクラシコ連戦でレアルに完敗。
絶不調のバルサは立ち直れるのか? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byReal Madrid via Getty Images

posted2013/03/03 13:15

CL前のクラシコ連戦でレアルに完敗。絶不調のバルサは立ち直れるのか?<Number Web> photograph by Real Madrid via Getty Images

先制となった前半6分のベンゼマのゴールシーン。バルサの守護神、ビクトル・バルデスはこの日、後半49分に立て続けにイエローカードを受け、累積警告で退場処分となってしまった。

モウリーニョが掴みつつあるバルサへの対処法とは?

 カンプノウとベルナベウの上階から見ていて感じたのは、今のマドリーが、対バルサの対処法、その感覚を掴みつつあるということだ。

 昨季までは苦しんだ、メッシの0トップというバルサの形を逆手に取り、セルヒオ・ラモスとバランは、CBの裏はある程度あきらめ、前へのプッシュアップで中央エリアを極限まで狭めた。

 国王杯でディマリアはサイドバックのような位置にまで戻り守備をするなど、サイドハーフの献身もあった。バルサのサイドバックの上がりがほとんどなかった理由だ。

 そして、プレーレベルが下がる一方のメッシと交差するように調子を上げているロナウドがいる。

 彼がいる左サイドからの攻めはクラシコにおいても鍵だった。そこでロナウドと対峙したピケは、ほぼすべての1対1の局面で敗れている。鍵となるマッチアップの勝敗は、そのまま結果にも繋がることになった。現在の彼はキャリアにおいても最高レベルのコンディションにあるといっていいだろう。

CLで戦うマンUも、香川がハットトリック……打ち合い必至!

 そんなロナウドと、オールド・トラッフォードに戻るマンUとがぶつかるCLベスト16第2戦(3月5日)は、間違いなくスペクタクルな内容になるはず。

 この日のプレミアリーグでは、マンUの香川真司によるハットトリックもあり、4-0で快勝している。互いに上向きの両チームの対決は打ち合いになるのではないか。

 悲壮感を持ってミランを迎えるバルサと、意気揚々とオールド・トラッフォードへと向かうマドリー。

 クラシコの180分間は、CL制覇を狙うスペインの2強の明暗を分けることになった。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
レアル・マドリー
ジョルディ・ロウラ
リオネル・メッシ
アンドレス・イニエスタ
シャビ・エルナンデス
クリスティアーノ・ロナウド
ダビド・ビジャ
ジョゼ・モウリーニョ
セルヒオ・ラモス
ジェラール・ピケ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ