SCORE CARDBACK NUMBER

イスラエルにバルサを!
2人の男が抱く大きな野望。
~辺境で燃えるクライフの血筋~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/03/02 08:00

イスラエルにバルサを!2人の男が抱く大きな野望。~辺境で燃えるクライフの血筋~<Number Web> photograph by AFLO

カタルーニャ州選抜で、コーチとしてクライフ父(右)を補佐した経験もあるO・ガルシア。

 マッカビ・テルアビブをイスラエルのバルサにする――。

 そんな野望を抱いてイスラエルに降り立った、ふたりの元バルサ選手がいる。

 ひとり目は、あのヨハン・クライフの息子、ジョルディ・クライフだ。現役時代はバルサやマンチェスター・Uでプレーするも、父ほどの活躍は見せられなかった彼は、引退後すぐにキプロスのAEKラルナカへ。そこでスポーツディレクター職について学ぶと、昨春にマッカビ・テルアビブへとやってきた。

 そんな若きスポーツディレクターが、チームにバルサのエッセンスを加えるために監督として誘ったのが、昨季までバルサのユースチームを率いていたオスカル・ガルシアである。バルサユースの監督としてバルサ内部での評価も高かったが、彼はイスラエル行きを決断する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

マッカビ・テルアビブ
ジョルディ・クライフ
オスカル・ガルシア

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ