Jリーグ万歳!BACK NUMBER

大迫勇也と柴崎岳が描く成長曲線。
鹿島が誇る逸材が代表に君臨する日。  

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/12/08 08:01

大迫勇也と柴崎岳が描く成長曲線。鹿島が誇る逸材が代表に君臨する日。 <Number Web> photograph by Toshiya Kondo

22歳の大迫(写真左)と20歳の柴崎。2人とも、ほぼ全試合に近い出場でシーズンを通して活躍。2連覇となったナビスコ杯では、昨年は大迫が、今年は柴崎がMVPを獲得した。

遠藤保仁の代役は中村俊輔か柴崎の他にはいない――。

 日本代表の「これから」を考えた時、もし遠藤保仁がガンバ大阪への残留を選択するなら、「もしも」の時に備えておく必要は一層高まるだろう。周知のとおり、J2の戦いは決して甘くない。「替えが利かない」と称される彼がもしコンディションを崩したら、もし何らかのタイミングで年齢的な峠を超えてしまったら、そしてもし、日本代表のサッカーが遠藤なくして実現するものでないのなら――。

 その代役となり得るのは、完全復活を遂げつつある中村俊輔か、あるいは柴崎をおいて他にいない。余計な世話を承知で言えば、特に柴崎にとっては、むしろ今が自身のステージを引き上げる最大のチャンスだ。いずれにしても、G大阪がJ2降格を余儀なくされた今、ポジティブな意味で遠藤を「替えが利く」存在にする必要がある。同じく今の大迫にも、“不動の1トップ”たる前田遼一の牙城に挑めるだけの準備が整っている。

 ナビスコ杯を制したとはいえ、残留争いに巻き込まれた今季の鹿島は、近年で最も低調な1年を過ごしたと言っていい。しかし大迫と柴崎の成長を目の当たりにすると、このクラブが過去に何度も描き続けてきた復活のシナリオが、再び描かれ始めている気がしてならないのである。

 それから、あくまで「ここまで」の話に過ぎないが、かつての柳沢敦を筆頭に、小笠原満男や中田浩二、その後は興梠慎三に至るまで、高校サッカー界のスーパースターを簡単にはドロップアウトさせないこのクラブの体質も、やはり特筆せずにはいられない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
大迫勇也
柴崎岳
ジョルジーニョ

Jリーグの前後の記事

ページトップ