SCORE CARDBACK NUMBER

またもU-20W杯出場ならず。
若者を甘やかすJの「緩さ」。
~単純なパスミスが多すぎる!!~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/07 06:00

またもU-20W杯出場ならず。若者を甘やかすJの「緩さ」。~単純なパスミスが多すぎる!!~<Number Web> photograph by AFLO

久保裕也(京都)、遠藤航(湘南)ら、所属クラブではレギュラークラスの選手が揃っていたが、またしてもU-20W杯への出場はならなかった。

 U-19日本代表が3度、アジアの壁に阻まれた。日本がアジアユース選手権の準々決勝で敗れるのは、これで3大会連続。またしても、U-20ワールドカップへの出場条件であるベスト4進出を逃したのである。

 だが、同じ準々決勝敗退でも、過去2大会と決定的に異なるのは、大会全体を通じて、まったく日本らしさを発揮できなかったことだ。

 とにかくミスが多く、攻撃がつながらない。グループリーグでのUAE戦などはその典型で、相手から厳しいプレッシャーを受けているわけでもなく、落ち着いてつなげば何ということのない場面でミスを連発した挙句、ロングボールの蹴り合いに陥るという有様だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

Jリーグの前後のコラム

ページトップ