野球クロスロードBACK NUMBER

楽天がつかみ損ねた交流戦Vの夢。
“流れを変えたあの一球”を振り返る。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/16 11:55

楽天がつかみ損ねた交流戦Vの夢。“流れを変えたあの一球”を振り返る。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1点を追う9回無死一塁からの代打ルイーズが当たった!

 その一方で、この交流戦、楽天が1球で首位に立ったゲームもある。それは、5日の横浜戦だった。

 1点ビハインドで迎えた9回、無死一塁で9番に打順が巡ってきたとき、ブラウンは迷わず新加入のルイーズを代打に送った。

 通常ならこの場面、これまで日本人投手の変化球にタイミングの合っていなかったルイーズよりも、確実性のある憲史を代打に出しても良かったはず。

 だが指揮官は、新外国人との初対決の場合、初球は変化球で様子を見る、という日本野球のセオリーを知っている。特にセ・リーグはパ・リーグよりもその傾向が強い。だから伝えた。「最短距離で素早く反応しろ」と。山口俊のスライダーが真ん中低めへ甘く入ったことも幸いしたが、初球を叩いたルイーズの打球は横浜スタジアムの場外へと消えた。

 試合後、ブラウンは「セ・リーグのホームゲームのため代打でしか考えていなかったが、いい仕事をしてくれた」としか語らなかったが、まさしく「してやったり」の起用だった。

交流戦で一球の重みを実感した楽天ナインは躍進する!?

 1球で首位となり、1球がきっかけで5位となった今年の楽天の交流戦。最終的には満足のいく結果ではなかっただろうが、昨年の9勝15敗を考えれば、13勝10敗1分という成績は、現在4つの借金を抱えるチームにとって、18日から再開するレギュラーシーズンへの大きな弾みとなったはずだ。

 これから選手にとって体力的に苦しい夏場を迎えるが、交流戦で1球の重みを痛感した楽天ならば大崩れはしない。いや、そうであってほしいものだ。

関連記事

BACK 1 2
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ