野球善哉BACK NUMBER

プロか、大学か、社会人か……。
ドラフト当落線上、高卒選手の野球道。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/11/22 10:30

プロか、大学か、社会人か……。ドラフト当落線上、高卒選手の野球道。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

夏の甲子園では、藤浪晋太郎の149キロの直球をスタンドに運んでいる吉村昴裕(天理)。プロ志望を表明した後、阪神やオリックスが動いているという噂もあったのだが……。

中には背水の陣でドラフトに臨んだ高校球児も。

 一方、青山や吉村と異なる選択をして、プロからの指名を受けた選手もいる。

 西城陽(京都)の真砂勇介である。

 真砂には甲子園出場はないが、昨夏と今夏と連続で京都府大会ベスト8に入る活躍をした。走・攻・守の三拍子が揃ったスラッガーで、広島からドラフト1位指名を受けた龍谷大平安の高橋大樹を追う存在として、関西で注目されていた。2年秋にはその高橋と府大会で直接対決。試合には敗れたが、真砂は2本塁打を放ち、プロのスカウトの眼を釘付けにした。

 ただ、彼への評価もまた、当落線上という微妙な立場だった。

 評価を口にするスカウトもいたが、指名がある保証はどこにもなかった。

 そんな真砂だが、彼はプロの指名から漏れた際の行き先を、ドラフト以前には決めなかったのである。

 指名がなければ、どこにも所属できないというリスクを背負ったのだ。

 その理由を西城陽・南條浩一監督は、こう話している。

「社会人という選択も考えましたが、僕が聞いたところによりますと、内定をもらっているということがドラフトの指名にマイナスになる時もある、と。内定があることで指名を避けようという動きもある。真砂はプロを強く希望していますので、指名がなかった時の不安もあったのですが、どこにも決めませんでした」

 真砂の念願は叶い、ソフトバンクから4位指名を受けた。指名がなければ、独立リーグのトライアウトを受ける予定だったそうだが、リスキーな選択ではあった。

 「当落線上」という立場のなか、それぞれ激しい葛藤の中でドラフトを終えた球児たち。その選択が正しかった、あるいは間違っていた、という答えはまだ出ていない。ただ、三者三様に人生が転がり、それぞれの道を歩んでいくのみである。

 彼らが新たな野球人生をどう刻んでいくのか。

 高校卒業後の彼らを見守っていきたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小坂将商
青山大紀
小野耀平
吉村昂祐
真砂勇介
南條浩一
智弁学園高校
西城陽高校
天理高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ