野球クロスロードBACK NUMBER

<トライアウト直前・独占告白>
一場靖弘 「自分はまだまだ終われないんです」  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/11/08 13:35

<トライアウト直前・独占告白> 一場靖弘 「自分はまだまだ終われないんです」 <Number Web> photograph by Toshiya Kondo

戸田球場のブルペンで一心不乱に球を投げ込んでいた一場。同時期にヤクルトから戦力外通告を受けた選手の今後では、現役引退してコーチになった者、他球団の用具担当スタッフになった者、まだ今後を未定とする者など、様々な選択があった。

「過去にいろんな経験をさせてもらいましたから……」

「フォアボールを出して打たれたら『逃げている』とか書かれて。『僕の気持ちが分かるのか?』と内心では思っていました。フォアボールを出したくて出しているわけじゃないし、バッターに攻めた結果出してしまったことだってあるんです。ただ、成績を残せていないのは事実だったから、そうやって聞かれれば『実力が足りませんでした』と答えるしかなかったというか。記者の人たちも長年、野球を見ているから言われても仕方がないし、あっちも仕事で聞いているのは分かっていました。

 それに、過去にいろんな経験をさせてもらいましたから、それくらい言われても屁とも思っていなかったし」

 心無い多くの報道に対して強気にそう言ってのけられるくらいだから、一場の精神力は言われるほど弱くはなかったのではないだろうか。

 だが、そんな思いとは裏腹に、現実は厳しかった。

 '09年の開幕前に、トレードでヤクルトへの移籍が決まる。すぐに気持ちを切り替えることはできなかったが、「野村(克也)監督の親心で出場できる場所を与えてもらった」と、前向きに現実を受け入れようとした。

 だからこそ、精神的に強くなった部分を少しでも見せようとした。

ヤクルトに移籍した頃、誰にも言えなかった「肩の痛み」。

 移籍後初勝利となった4月11日の横浜戦。5回を無失点に抑えながら5四死球と不安定な投球内容だったが、お立ち台でそれを「持ち味」と言い放った。

「あれ、冗談なんですけどね。昔からそこまでコントロールが良かったわけじゃないから、『ランナーを出しても抑えればいいんでしょ』という気持ちでしたよね」

 ただ、それと同時に、一場には多少なりとも虚勢を張る必要が、当時はあったのだ。

「あの時、僕、肩が痛くて」

 一場が、当時の状況を語り始める。

「楽天時代から慢性的な痛みだったんです。2年目に200イニング近く投げて、オフにウインターリーグでも投げたら肩を痛めて。ヤクルトに来た当初なんて、肩が上がらなかったですもん。棚の上の物を取るのも辛くて、夜、寝返りを打った時とか痛すぎて目が覚めたくらいですから。半端なかったですね」

 肩の故障は投手にとって致命的だ。事態が深刻化すれば現役生活だって危ぶまれる。それでも一場は、首脳陣はもちろん、チームメートにも「痛い」とは言わなかった。

「誰にも言わなかった……言えなかったですもん。『言ったら楽になる』という思いもありましたよ。そのほうが治療に専念できるんで。でも、それではお終いなんです。僕、投げたかったんです。特にヤクルトでは、『せっかくチャンスをもらい始めているのに』と思えば思うほど、言えなかったですね」

 当初は誰にも相談できなかったため、痛み止めの薬や湿布など手近なもので痛みを紛らわそうとしたが、ほぼ無意味だった。

 そして着手したのが投球フォーム。

 '09年の夏、一場はそれまでのオーバースローからスリークォーターに変えた。

【次ページ】 人生初の中継ぎも経験し、二軍では好調だったが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

一場靖弘
東京ヤクルトスワローズ
館山昌平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ