MLB東奔西走BACK NUMBER

不完全燃焼でシーズン終了の斎藤隆。
満身創痍の42歳、アメリカで何を思う。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/10/08 08:01

不完全燃焼でシーズン終了の斎藤隆。満身創痍の42歳、アメリカで何を思う。<Number Web> photograph by Getty Images

16試合に登板し、防御率6.75、失点14、自責点9と厳しいシーズンとなった斎藤隆。ダイヤモンドバックスとは1年契約のため、来シーズン以降のことは現在のところ未定である。

「引退試合とかするのではなくてフワッと終わりたい」

「今現在、答えを出すことはないですし、(引退の)2文字に関しては思いつかないところもあります。まずはゆっくり時間を過ごしながら自分の身体がどれくらいなのかを見極めて、そして後は自分の評価がどんなものかを見ないといけない。ただ来年に関してはオファーがあるのか、ないのかという簡単なことだと思うので、そこから(オファーが)あったらどうする、なかったらどうするということじゃないですかね。

 ただ、いつになるかはわかりませんが、もし辞めるとしても引退試合とかするのではなくてフワッと終わりたいと思っています」

 斎藤は2006年のメジャー挑戦以来、いつ潰れても構わないからマウンド上で悔いだけは残さない投球を心がけてきた。

 そこに存在するのは、体力や投球術を超えた精神力や気合いみたいなものに他ならない。つまりは今後の斎藤の将来を左右するのも、体力以上に“まだ投げたい”という気持ちなのだろう。

 斎藤のロッカーには今も変わることなく、2006年に偶然手に入れた“一試合完全燃焼”と染め抜かれた日本手ぬぐいがかかっている。

 今シーズン、斎藤の取材を続ける中で、「決して良いシーズンではなかったですが、勉強できることもたくさんありました」と言っていた。

 試合前に若手投手から、自分の投げていない球種、チェンジアップの投げ方を教わる姿を目の当たりにしていると、どうしても斎藤が“完全燃焼”したとは思いたくはない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
斎藤隆
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
カーク・ギブソン

MLBの前後の記事

ページトップ