野球善哉BACK NUMBER

セ優勝が決まって、ついに見えた!
巨人、中日の次世代ホープたち。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/24 12:00

セ優勝が決まって、ついに見えた!巨人、中日の次世代ホープたち。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

星稜高校時代は1年秋からエースを務めたが、骨折などの不運もあり甲子園経験は無い西川健太郎。初先発となった9月23日の阪神戦で、権藤博コーチは「球速以上に球が来ている。彼の特長がよく出ている」と高く評価していた。

「自分のためにも諦めずに最後までやらんか!」

 指揮官は常に先を見据え、采配を振るう必要がある。

 パ・リーグで唯一、優勝争いから取り残され、さらには今季限りでの退団が決まっているオリックスの岡田彰布監督は、数日前のミーティングで「お前らはまだまだ先があるんやから、自分のためにも諦めずに最後までやらんか!」と発言したと23日付の朝日新聞が報じている。

 岡田監督は就任してからT-岡田、西勇輝を抜擢し、一本立ちさせた。さらに今は、若手の川端崇義、三ツ俣大樹、縞田拓弥、小島脩平らを積極的に起用している。オリックスのチーム再建は叶わなかったが、チームに少しでも何かを残そうとする岡田監督の想いは、必ず先につながるはずである。 

 今季これからのセ・リーグには、いわゆる“消化試合”しか残されていない。だが、そんな戦いの中にあっても、指揮官にはもう一つ、未来を見据えた采配が求められているのだ。その采配こそが、チームの未来を切り開いていくものなのだから。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野村克也
読売ジャイアンツ
中井大介
大田泰示
中日ドラゴンズ
伊藤準規
西川健太郎
岡田彰布

プロ野球の前後のコラム

ページトップ