野球善哉BACK NUMBER

セ優勝が決まって、ついに見えた!
巨人、中日の次世代ホープたち。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/24 12:00

セ優勝が決まって、ついに見えた!巨人、中日の次世代ホープたち。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

星稜高校時代は1年秋からエースを務めたが、骨折などの不運もあり甲子園経験は無い西川健太郎。初先発となった9月23日の阪神戦で、権藤博コーチは「球速以上に球が来ている。彼の特長がよく出ている」と高く評価していた。

中日スカウト陣が主力投手として期待を託す男とは?

 さらに、23日には高卒ルーキーの西川健太郎が先発。

 実はこの男、全国的な知名度こそ低いが、中日スカウト陣がもっとも推す期待の選手なのである。

 春季キャンプのころ、スカウトの1人、米村明がこんな話をしていた。

「西川は、ホンマにええぞ。アウトローにキレのあるストレートが投げられる。『スパーン』と言うようなしびれるような球を投げよるんや。うちは、ドラフトでは歳内(宏明/聖光学院)や釜田(佳直/金沢)ではなくて、西川(星稜)を最初から狙ってた。今年はまだ慌てる時期じゃないと思うけど、とにかく、ええピッチャーやから、見といてよ!」

 歳内、釜田という甲子園を沸かせたスターを差し置いて、中日が是が非でもほしがった逸材、それが西川だった。中日は1位で高橋周平をくじで引き当てているが、もし外れていたら、西川の繰り上げ指名を予定していたという話もある。よほど期待が高かった選手なのだろう。

西川を見て驚いたのは、軸足1本で立った時の美しさ。

 西川は6月に一軍に昇格したが、その時は2度の中継ぎ登板をしただけの顔見せ昇格。結果にペナントが左右されなくなったこの時期に、満を持して先発のチャンスが与えられた。

 登板前日、西川はこう話していた。

「逃げるのではなく向かって行って若さをアピールしたい。まっすぐに自信があるし安定していると思う。まっすぐを主体に、スライダーも自信があるのでコンビネーションで勝負したい。相手の応援もすごいので飲まれないようにして、あわよくば1勝したいし、勝ちにこだわりたい」

 西川の持ち味は米村スカウトがいうように、アウトローのストレートだ。確かに噂通りだったのだが、彼を見てまず驚いたのは軸足一本で立った時の美しさだ。バランス感覚に優れることを意味し、まっすぐに立つことで体幹を正しく使え、投球に生かすことができていることを証明している。

 試合前の遠投では、力投派の投手なら力に任せて投げ込むことは多いが、西川はまっすぐに立ち、軽く遠くまで投げ込んでいるようだった。

 試合では、立ち上がりこそ硬さが見えたものの、切れ味鋭いストレートで勝負していた。球速は138~141キロで推移し、驚くような速さこそないのだが、マートン、新井良太といった主力打者をしっかりつまらせていた。

【次ページ】 高卒新人によるルーキーイヤー初勝利はならねど。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野村克也
読売ジャイアンツ
中井大介
大田泰示
中日ドラゴンズ
伊藤準規
西川健太郎
岡田彰布

プロ野球の前後のコラム

ページトップ