欧州CL通信BACK NUMBER

欧州CL決勝に新時代の戦術を見た!
モウリーニョがインテルにかけた魔法。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/05/24 11:55

欧州CL決勝に新時代の戦術を見た!モウリーニョがインテルにかけた魔法。<Number Web> photograph by Getty Images

エトーとパンデフはサイドバック並みに自陣深く守る。

 「足元へのパス」と聞くと、決勝トーナメント1回戦のチェルシー戦(第2レグ)のエトーの得点シーンを思い出す人も多いかもしれない。スナイデルのロングパスが、ピタリとエトーの足元に入り、決勝点が決まった。

 基本的にインテルはボールを奪うと、ミリート、エトー、パンデフ、スナイデルの4人だけでカウンターを行う。4人とも世界でトップクラスの技術力を持つ選手だ。彼らがいることで、高速カウンターが可能になっている。

 ここで注目すべきは、ミリート以外の3人のハードワークだ。

 センターフォワードのミリートだけは守備の役目を免除されているが、エトー、パンデフ、スナイデルは、守備に切り替わると、自陣に戻ってブロックの一部にならなければいけない。特にエトーとパンデフは、まるでサイドバックのように自陣深くまで戻る。決勝戦後、モウリーニョは「常にエトーは、どのポジションでプレーしようが闘ってくれる」と感謝した。

テクニシャンがハードワークを遂行するインテルの凄さ。

 “一流”のテクニシャンが魅力的なサッカーをしようとしたバイエルン。それに対し、“超一流”のテクニシャンがハードワークをしたインテル――。もし出場停止のリベリが決勝に出られたとしても、結果は変わらなかったに違いない。インテルは2対0で勝利し、45年ぶり3度目の優勝を達成した。

 セリエA、国内カップ、CLの3冠を獲得したモウリーニョは、来季はレアル・マドリーの監督になることが濃厚になった。

 はたして、この47歳の戦術家は、レアルのスーパースターたちを鍛え上げて、ハードワーク路線を続けるのか。それとも新たなスタイルを発明するのか。

 来季のCLも、このポルトガル人監督を中心にまわることになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2
インテル
バイエルン
ジョゼ・モウリーニョ
ディエゴ・ミリート
ウェスレイ・スナイデル
サミュエル・エトー
パンデフ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ