Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ジェフを支える佐藤勇人と山口智。
2人が見据える新たなスタートライン。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/21 08:02

ジェフを支える佐藤勇人と山口智。2人が見据える新たなスタートライン。<Number Web> photograph by AFLO

ジェフユナイテッド千葉がJ2へ降格した2010年から再びプレーしている佐藤勇人。J2初年度は、J1自動昇格となる3位アビスパ福岡と勝点8差で4位。翌2011年シーズンは3位コンサドーレ札幌とは勝点10差の6位だった。

「僕自身ももっと影響力を与えないといけない」

――ジェフは以前、「落ちてはいけないクラブ」と言われました。

「みんなそういう表現をされますよね。たぶんこのクラブに関わるすべての人がそう思っていたと思う。でも、僕はそういうことじゃないと思うんですよ。結果を出すのは簡単じゃないし、その責任を自分たちに課すことも簡単じゃない。いい選手がいれば勝てるわけでも、ちょっと結果が出たらそれでOKというわけでもない。そうじゃなくて、良い時も向上心を持って、大きなクラブになる、いい選手になるという気持ちでやらないと。そういう部分でアバウトなところがあったと思うし、現状に満足しちゃいけないと思うんです。もちろん、僕自身も含めて」

――分かります。

「J1で戦うことの喜びを知っていれば、J1で戦いたいと思うのは当たり前。それを知らなければ現状に満足してしまうかもしれない。でも僕は、そういう考え方だけは受け入れられない。幸い、今までいろんな経験をさせてもらったので、それを伝えることはできますよね。選手にもクラブにも。どちらか一方だけが理解してもうまくいかないことは、ガンバにいてすごく感じました。チームというのは、いろんな人がいろんなことを考えて、クラブのために、人のためにやって、やっと結果が出せる。それを考えると、まだまだ甘い。もっとやらなきゃいけない。僕自身ももっと影響力を与えないといけない」

「見た目以上に、自分なりには覚悟があります」

――ただ、正直、J2という舞台にもの足りなさを感じるのではないかと、試合を観ていて思います。

「毎年J1のトップを目指して戦ってきたクラブにいたわけですから、この決断を下すにあたっては、ものすごい葛藤がありました。J1でプレーすることへのこだわりは、このチームの誰よりも強いと思っています。だから絶対に、今年1年を無駄にしたくない。僕にとってJ2でプレーすることの理由は『サッカーができるから』じゃない。確かに葛藤もあるし、悔しさもある。ここの水に慣れてしまってはいけないという思いも強い。今はそういう、いろんな思いを抱えてサッカーをやっているというのが正直なところです」

――ここに来る前に描いていたイメージは、着実に前に進んでいますか?

「できることは常にやっているつもりだし、やり続けることが大切だと思っています。J1への思いを一度捨てて、というより一度置いてきているので、とにかく必死こいて、もう一度そこにたどり着くしかない。だから、絶対に今年1年の勝負という気持ちでやってますよ。見た目以上に、自分なりには覚悟があります(笑)。だから、やれることは全部やる。多少うっとうしがられても、後悔したくない」

 今シーズンの山口のパフォーマンスを見れば、構想外となってガンバ大阪を離れたわけでないことは一目瞭然である。実際に契約延長のオファーもあったし、J2の舞台では異質に映るほど、34歳のDFの実力は抜きんでている。にもかかわらず、彼は環境の変化を求めて“昔いたチーム”に飛び込んだ。飄々とプレーする姿からは伝わらない、相当の覚悟を持って。そんな山口の存在が、佐藤の肩から荷物を下ろしたことは言うまでもない。

【次ページ】 佐藤と山口がともに抱く、自分自身の“あるべき姿”。

BACK 1 2 3 4 NEXT
佐藤勇人
山口智
ジェフユナイテッド千葉

Jリーグの前後の記事

ページトップ