欧州CL通信BACK NUMBER

第1レグを落としたバルサとレアル。
CL準決勝第2レグに待ち受ける罠。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byChelsea FC via Getty Images

posted2012/04/24 10:31

第1レグを落としたバルサとレアル。CL準決勝第2レグに待ち受ける罠。<Number Web> photograph by Chelsea FC via Getty Images

チェルシーの暫定監督ディマッテオ(写真右)は、興奮を抑えきれない面持ちで試合後に「バルセロナと戦うには少しだけ運も必要になる。もちろん、第2レグでも引き分けだけを考えて臨むつもりはない」と語った。一方のグアルディオラは「今日のチェルシーの守備は素晴らしかった。ただ、私たちにはゴール前での運が足りなかった」と淡々としたコメントを残した。

決勝戦の展開をも左右するイエローカード。

 ただし、明るい材料がないわけではない。カンプノウでのクラシコ勝利だ。

 グアルディオラのバルサに90分間で初めて完勝した上、リーガ優勝を実質決めたことで、選手の士気は高まった。精神的・肉体的疲労が残っているのは間違いないが、10年ぶりのCL決勝戦に進む自信はたっぷり持っているはずだ。

 最後に、マドリー対バイエルンで注目すべき点をもうひとつ。

 レフェリーが出すイエローカードである。

 今回1枚もらったら決勝戦に出られなくなる選手が、前者ではシャビ・アロンソ、セルヒオ・ラモス、コエントラン、イグアインの4人。後者ではボアテンク、アラバ、ルイス・グスタボ、ミュラー、クロース、ラーム、バドシュトゥバーの7人。

 どちらの側にも絶対的な主力選手の名前が挙がっている。

 それゆえ、この一戦は今季の欧州王座の行方を占う上でも重要だ。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
チェルシー
レアル・マドリー
バイエルン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ