NumberEYESBACK NUMBER

高梨沙羅がW杯2位の快挙、
目指すはソチ五輪の表彰台。
~期待高まるスキー・ジャンプ女子~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/02/02 06:01

高梨沙羅がW杯2位の快挙、目指すはソチ五輪の表彰台。~期待高まるスキー・ジャンプ女子~<Number Web> photograph by AFLO

高梨(左)は15歳。2月のジュニア世界選手権にも出場する

 2014年のソチ五輪で正式種目になることが決まったノルディックスキー・ジャンプの女子は、今シーズンから各国を転戦して争うワールドカップがスタートした。

 記念すべきファーストシーズンで、吉報が舞い込んできた。1月8日、ドイツのヒンターツァルテンで行なわれた第3戦で、中学3年生の高梨沙羅が100.5m、99.5mを飛び、2位となったのである。

 小学2年生のときにジャンプを始めた高梨は、中学1年生になると早くもシニアの大会に参加し、ジャンプ界では将来が楽しみな選手として期待されていた。

 大きな注目を集めることになったのは昨シーズンのことだ。'11年1月10日のHBC杯で、大倉山での女子の最長記録となる141mの大ジャンプを披露して優勝したのだ。その後も世界選手権に出場して6位入賞を果たすなど、逸材であることを知らしめた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

高梨沙羅
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ