ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

やっと消えた「クウェートの悪夢」。
U-22代表がバーレーンに勝った意義。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/11/24 12:10

やっと消えた「クウェートの悪夢」。U-22代表がバーレーンに勝った意義。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

五輪予選初招集にしてバーレーン戦で先制点をあげたFWの大津祐樹(ボルシアMG)は、試合後に「結果を出すことにこだわってプレーをしていた。とてもいい形で貢献できたと思います」と自らその手応えを語った

「いろんな不安を払拭できた、意味のある勝利だった」

「アウェーで、しかも(清武)弘嗣君たちがいないことで、少しナーバスになりかけたこともあったけど、今回入ってきた大津君を始め、自分たちの力を発揮して、勝てた。今回の1勝はただの1勝ではなく、いろんな不安を払拭できた、僕らにとってはすごく意味のある勝利だったと思います」

 東は、そう言った。

 ひとつのヤマは越えた。攻撃面など課題は残されているが、アウェーの雰囲気に呑まれず、チーム全体で戦う姿勢を見せて、勝ち点3を奪った意味は大きい。

「次のシリア戦は、もっとタフで厳しい試合になる。ここで勝たないと、バーレーン戦に勝った意味がなくなる」 

 勝利の余韻に浸ることもなく、東は27日の国立決戦を見据えていた。どこか詰めの甘さを感じるチームだったが、どうやら試合を重ねる度に戦う集団になってきたようだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
権田修一
関塚隆
扇原貴宏
大津祐樹
東慶悟
山口蛍
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ