リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

宿敵バルサに敗れたが手応え十分!
モウリーニョ・レアル、2年目の進化。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2011/08/25 10:30

宿敵バルサに敗れたが手応え十分!モウリーニョ・レアル、2年目の進化。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

スーパーカップに臨む前から「自分たちはスーパーカップのために準備してきたのではない。シーズンのためだ」と宣言してきたことを思えば、1敗1引き分けでの敗退はモウリーニョにとっては完全に想定内だったといえよう

 1敗1引き分けでバルセロナに敗れてスーパーカップ獲得はならなかったレアル・マドリーだが、指揮官モウリーニョは手応えを感じているようだ。

 終了間際に決勝ゴールを奪われて3-2と敗れたスーパーカップ2戦目の後、彼はこう語っている。

「チームのプレーは最高だった。プレシーズンで行なってきた準備に相応しいプレー内容だった。タイトルを逃したことは残念だが、重要度の低いタイトルだ」

 バルサとのスーパーカップに象徴されるように、プレシーズンを通してレアルの選手たちは良いコンディションを保ってきた。グアルディオラ監督が「準備が遅れている」と言うバルサとレアルの間には明らかなコンディションの差があった。

 一歩目の鋭さで優位に立つレアルのプレッシングはバルセロナ自慢のパス回しを分断。ボール奪取から面白いようにショートカウンターを繰り出し、試合を優勢に進めていった。ビジャとメッシの見事なゴールによってホームで致命的な2-2に持ち込まれてしまったものの、モウリーニョ・レアルとしては初めてバルサを凌駕する試合を展開した。

 カンプノウでの2戦目も、レアルは全体をコンパクトに保ち、高い位置でバルサの攻撃を阻んでからのショートカウンターを繰り出していった。シャビが先発出場したバルセロナのパス回しは1戦目よりも向上し、バルセロナも本来の姿に近くなっていた。それでもレアルの連動性の高いプレスはバルサから自由を奪い、バルサゴールを脅かし続けた。

勝利よりも攻撃的布陣のテストを重視したモウリーニョ。

 2試合共にレアルは中盤に昨シーズンの国王杯決勝やCL準決勝1戦目でペペを守備的MFに起用した超守備的な布陣ではなく、シャビ・アロンソとケディラ、シャビ・アロンソとコエントランの組み合わせを採用。バルサと打ち合うことを選んだ結果、2戦目も3対2と開放的な試合になった。攻撃的な布陣を採用した狙いが当たり、敵地で2点を奪い返し延長戦に持ち込むのではと思わせるほどの猛攻を展開。そして、その代償として3点を失っている。

 バルサに対してそんな戦い方を、これまでのモウリーニョは選ばなかった。

 冒頭にあるようにモウリーニョにとって、スーパーカップは重要度の低いタイトルだった。絶対に勝ちに行こうとしたのならば、モウリーニョはスーパーカップのような戦い方は決して選択しなかった。そうでなければ、ヨハン・クライフに対し「(バルサとミランが対戦した1993-1994シーズンのチャンピオンズリーグ決勝を持ち出し)私のチームには決勝に4-0で負けるような試合をさせない」と言ったりはしないはずだ。

【次ページ】 各選手の高度な連動性こそがレアル最大の収穫である。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼ・モウリーニョ
レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ