SCORE CARDBACK NUMBER

「悲劇を忘れずに」
プエルタ杯に込めた思い。
~日本でも松田直樹を偲ぶ試合を~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/08/19 06:00

「悲劇を忘れずに」 プエルタ杯に込めた思い。~日本でも松田直樹を偲ぶ試合を~<Number Web> photograph by AFLO

試合前にハルケとプエルタのユニフォームを見せるL・ガルシア(左)とパロップの両主将

 松田直樹がこの世を去った8月4日、スペインのセビージャで毎年恒例となった親善試合が行なわれた。今年で4回目となるアントニオ・プエルタ杯だ。

 かつてセビージャに所属したスペイン代表のアントニオ・プエルタは、4年前の8月、リーガ開幕戦となったヘタフェ戦の最中にピッチ上で意識を失い、帰らぬ人となった。

 同杯はファンに愛された彼へ捧げるものとしてその翌年から始まり、これまでに同じアンダルシア州のマラガ、へレス、グラナダらと対戦している。

 今年の試合が特別な注目を浴びたのは、対戦相手がエスパニョールだったからだ。エスパニョールも2年前の8月に主将のダニ・ハルケを心臓発作により失うという、同じ悲劇を経験している。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

セビージャ
エスパニョール
アントニオ・プエルタ
ダニエル・ハルケ
松田直樹

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ