有料記事一覧ページ新設のお知らせ

甲子園の風BACK NUMBER

プロ注目の左腕から名将復活まで!
甲子園の地方予選、近畿地区の見所。
 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/07/14 10:30

プロ注目の左腕から名将復活まで!甲子園の地方予選、近畿地区の見所。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

始まったばかりの大阪大会では、5回参考記録ながらノーヒットノーランを記録している太成学院大高・今村信貴。最速146キロのストレートとスライダーが武器。すでに、巨人、阪神、広島、オリックスがドラフトへ向けた動きを見せているという

滋賀の北大津、京都の福知山成美と龍谷大平安に逸材。

 大阪以外の近畿勢にも目を向けよう。滋賀では北大津の村井昇汰(遊撃手)が昨夏、常葉橘、前橋商戦で2戦(2打席)連続ホームランを放ち注目を集めた。

 遊撃守備はフィールディング、スローイングとも超高校級のうまさを誇り、バントなど小技をやらせても天下一品のうまさ。あまりうますぎて、甲子園ではバントの構えから打ちに行くバスターがクセになっていたほどだ(前橋商戦ではバスターの構えからホームランを打っている)。

 京都の桑原将志(福知山成美)は176センチの村井よりさらに小さい遊撃手である。1年秋の近畿大会で高校通算歴代ナンバーワンの94本塁打を放った伊藤諒介(神港学園→法大)と対戦しているが、リストの強さやミート力(対応力)では負けていなかった。

 今夏の大物対決は順当なら、準決勝で当たる龍谷大平安戦で実現する。平安の4番を打つ2年生の強打者・高橋大樹(捕手)が剛なら、桑原は柔。ここを勝ち上がれば決勝の大舞台が待っている。

天理の出場辞退で、一気に混沌としてきた奈良大会。

 奈良は常勝・天理が出場辞退してどの学校にも優勝のチャンスがある。その中でも、投打でスカウトの注目を集める青山大紀(2年)擁する智弁学園が優勝候補の筆頭にいる。

 実は昨年秋の奈良大会決勝、青山は天敵の天理を3対0で完封し、その名を轟かせている。ストレートの最速は144キロ。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど一通り備え、両サイドのコントロールにも一定の信頼感がある。

 青山は打者としての評価も高い。私は昨年秋の奈良大会、奈良朱雀戦を見ているが、結果は4打数4安打、二塁打が出ればサイクル安打達成という猛打ぶりだった。

 打つ形はけっしてよくない。バットがよく動くのだ。タイミングの取り方も緩急対応型とは言えない。それでも奈良大会、近畿大会で圧倒的な成績を収めているのは、作り上げた技術というより、持って生まれた素質のよさというべきだろう。甲子園の大舞台でプレーさせてみたい1人だ。

【次ページ】 東洋大姫路では、黄金時代を築いた名監督が復帰!!

BACK 1 2 3 4 NEXT
海部大斗
今村信貴
村井昇汰
桑原将志
高橋大樹
青山大紀
藤田明彦
原樹理
青木勇人
蔭地野正起
高嶋仁
藤浪晋太郎
大阪桐蔭高校
履正社高校
北大津高校
龍谷大平安高校
太成学院大高校
福知山成美高校
智弁学園高校
東洋大姫路高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ