有料記事一覧ページ新設のお知らせ

甲子園の風BACK NUMBER

プロ注目の左腕から名将復活まで!
甲子園の地方予選、近畿地区の見所。
 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/07/14 10:30

プロ注目の左腕から名将復活まで!甲子園の地方予選、近畿地区の見所。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

始まったばかりの大阪大会では、5回参考記録ながらノーヒットノーランを記録している太成学院大高・今村信貴。最速146キロのストレートとスライダーが武器。すでに、巨人、阪神、広島、オリックスがドラフトへ向けた動きを見せているという

大阪桐蔭のエースは身長197センチの右腕・藤波晋太郎。

 この履正社に対抗するのが大阪桐蔭だ。エースは身長197センチの大型右腕、藤浪晋太郎(2年)。今夏の大阪大会1回戦で大阪桐蔭は強豪校の関大北陽と激突し4対0の接戦を制するのだが、この試合で藤浪が奪った三振は14個。何も数を誇らせようというのではない。内容を伝えたいのだ。

 見逃し1に対して空振りは13個。このうちストレートの空振り4に対して、変化球の空振りは9個。

 胸元いっぱいのストレートで打者を追い込むと、判で押したように外に逃げていく変化球で三振を奪うというパターン。配球パターンがわかっていても攻略できない。それほど藤浪の直・曲球は威力がある。とくに横変化の大・小2つのスライダーは凄まじい。

近畿ナンバーワン左腕の呼び声高い、太成学院大高・今村信貴。

 この優勝候補2校に対抗するのが、近畿ナンバーワン左腕の呼び声が高い今村信貴を擁する太成学院大高だ。ストレートの速さばかり話題になるが、今村のいいところはバランスのよさ。

 中心になる変化球は縦、横2種類のスライダー。左打者なら外に逃げる大きな横変化、右打者なら内角に鋭角にキレ込んでくる縦変化でカウントを取り、あるいは打者を打ち取る。

 ストレートはアウトローに集中する。やや右肩の開きが早いが、真上から腕を振って投じられる外角低めのストレートは角度があって、低めの伸びも十分。今夏大阪大会1回戦の守口東戦では、5回参考記録ながら四球を1つ許しただけのノーヒットノーランに抑え、三振は10個記録した。

 藤浪とは逆に、三振を奪った球は10個のうち9個がストレートで、そのうちの7個が空振り。さらに付け加えれば、そのコースは言わずもがなのアウトローである。

 南一輝(投手)、中山悠輝(遊撃手)、前野幹博(外野手)たち有力1年生が主力のPL学園、全力疾走の清教学園など、持ち味が異なる有力チームがしのぎを削るのも大阪の特徴である。どこが飛び出すのか注意深く見守っていきたい。

【次ページ】 滋賀の北大津、京都の福知山成美と龍谷大平安に逸材。

BACK 1 2 3 4 NEXT
海部大斗
今村信貴
村井昇汰
桑原将志
高橋大樹
青山大紀
藤田明彦
原樹理
青木勇人
蔭地野正起
高嶋仁
藤浪晋太郎
大阪桐蔭高校
履正社高校
北大津高校
龍谷大平安高校
太成学院大高校
福知山成美高校
智弁学園高校
東洋大姫路高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ