日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

まずはFC東京の正GKを奪還せよ!
U-22の守護神・権田修一の試練。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2011/07/09 08:00

まずはFC東京の正GKを奪還せよ!U-22の守護神・権田修一の試練。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

日本クラブユース選手権(U-15)で2003年に日本一となり、その後は各年代の日本代表にも選ばれ続けるなどエリート街道を歩んできた権田修一。2007年からは高校に通いながらFC東京のトップチームに昇格。大器としてチームからも将来を期待されている

五輪最終予選という「修羅場」が権田を飛躍させる!

 ザックジャパンのGK争いは川島永嗣が正GKとして君臨し、西川周作が追う立場となっている。その次に権田、東口順昭が位置している状況だ。だが今後、川島の“安定政権”を権田が三番手から脅かす可能性は十分にある。

 かつて川口能活から「修羅場をくぐっていくことで成長することができた」という話を聞いたことがある。これからU-22代表はロンドン五輪アジア最終予選に突入し、権田はまさにその修羅場なるものを経験することになる。

 アウェーのクウェート戦では後半14分までに2点を奪われ、息をのむ展開が続いた。残り30分、大声でピッチに立つチームメートを叱咤していたのが権田だった。終了間際にはセットプレーから頭で合わせられ、右手でセーブした場面もあった。

 最終予選となればクウェート戦以上に厳しい試合になってくるのは間違いない。ここで権田の存在感が際立ってくれば、川口のようなオーラを身につけることができるかもしれない。

「弱点のまったくない」究極のGK像を追い求める。

 権田には2008年、U-19代表の主将として臨んだU-20W杯アジア地区予選で韓国に力負けし、8大会ぶりにU-20W杯にたどり着けなかったときの悔しさが今でも残っている。それゆえ、五輪出場に懸ける思いは誰よりも強い。

 だが五輪最終予選の前に、まずはチームでの正GKの奪回である。このハードルを乗り越えていかなければ次につながっていかない。時間が経ったから正GKの座が自動的に戻ってきた、では意味がないのだ。

「今の(出られない)状況? やっぱり代表から帰って理由もなく、すぐにバッと出てしまうのではチームの納得感も得られないと思う。今の立場から試合に出られるように持っていくことに、僕は意味があると感じている」

 一段階上のステージへ進むために、権田は究極のGK像を追い求めている。

 究極のGKとは? そう尋ねると権田の答えはすぐに返ってきた。

「僕が思うに、弱点のまったくないGKだと思うんです。クロスにどう出ていくか、シュートをどう止めるか、攻撃の起点にどうなっていけばいいか……求められるすべての要素を身につけて、高めていくことを僕は意識して目指していきたい」

 試練に武者震いする若きGKの眼が、活き活きと輝いてきた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

権田修一
塩田仁史
FC東京
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ