SCORE CARDBACK NUMBER

才能の見本市U-17W杯、
若者たちは世界を目指す。
~加速する海外移籍の低年齢化~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/07/07 06:00

才能の見本市U-17W杯、若者たちは世界を目指す。~加速する海外移籍の低年齢化~<Number Web> photograph by AFLO

アルゼンチンを破り、18年ぶりに1次リーグを突破した日本に世界の注目が集まっている

 海外移籍が加速している。単純な数のうえではもちろん、このところ目立つのは、その低年齢化である。

 最近、正式に移籍が発表された、宇佐美貴史(G大阪→バイエルン・ミュンヘン)、高木善朗(東京V→ユトレヒト)はいずれも、2年前のU-17ワールドカップに出場したばかりの選手だ。同大会に出場し、10代にして海外組となったのは、宮市亮(フェイエノールト)を含め、これで早くも3人となった。

 思えば、アトランタ五輪当時、何人かの選手が海外移籍を目指し、「自分を売り込みたい」という主旨の発言をして話題になったが、もはや時代は変わった。23歳以下の世界大会に位置付けられる五輪どころか、U-20ワールドカップ、さらにはU-17ワールドカップが、海外移籍へのステップボードとなり始めている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

宇佐美貴史
高木善朗
宮市亮
高木大輔

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ