Jリーグ観察記BACK NUMBER

FC東京・平山相太は
190cmのファンタジスタか? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2009/11/10 10:29

FC東京・平山相太は190cmのファンタジスタか?<Number Web> photograph by Masahiro Ura

高校選手権以来、国立には何かと縁のあるFC東京の平山相太。ナビスコ杯決勝でも貴重な追加点をヘッドで決めた

FC東京の環境が平山のパスセンスを引き出した。

 ただ、平山は記憶を辿ってみると、自分のパスセンスについて思いあたるところがあるようだった。

「小学校のときは上の学年でプレーしていたので、背が飛びぬけて高いわけでもなく、MFをやっていたんですよ。FWに足の速い先輩がいて、監督からスルーパスを狙うように指示されました。だから、当時スルーパスの練習をすごくしたんです。それが生きているのかも」

 それに加えて、FC東京のチームメイトの存在も大きいと平山は考える。

「僕がボールを持つと、まわりが走ってくれるから、パスを出しやすいんですよね。これからはもっと精度を高めていきたいです」

 パスが出せて、ヘディングが強く、さらに点が取れたら、これほど頼もしいFWはいないだろう。

日本にいなかったタイプのストライカーが誕生する予感。

 とはいえ、当然のことながら、城福監督はまだまだ平山のプレーに満足していない。

「攻撃のスピードを殺されているのに、無理にパスを出してしまうことがまだある。難しいパスを出すところと、シンプルなパスを出すところの判断をもっと高めなければいけません。味方をうまく使えるようになれば、もっとゴール前に入って行けるようになる」

 パスのセンスがあると、つい難しいパスを狙いたくなるかもしれないが、味方につながらなければ意味がない。味方と相手の状況によって、パスの難易度を変えられてこそ、本当のファンタジスタだ。

 鋭い戦術眼を持った監督によって、隠された才能が掘り起こされ、さらにそれが磨かれる。今まで日本にいなかったタイプのストライカーが、FC東京から生まれるかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城福浩
平山相太
FC東京

Jリーグの前後のコラム

ページトップ