プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「空振り」の打撃術。
~イ・スンヨプ、劇的復調の理由~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/05/21 06:01

「空振り」の打撃術。~イ・スンヨプ、劇的復調の理由~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

イチローにとっての「いい空振り」とは?

 打者にとってはマイナスの結果のはずの空振りも、自分を映す鏡になれば大きな意味がある。このことにイ・スンヨプが気づいたことと、5月に入って上昇線を描き出したことは無関係ではなさそうだ。

「やっと空振りができるようになった」

 空振りでもう一つ思い出すのは、シアトル・マリナーズのイチローのこの言葉だ。

 打ちにいって打つべきボールではないと判断したときに、打者にはカットという手段がある。わざとファウルを打つのだが、バットとボールが当たれば、凡打になってしまうこともある。そのリスクを無くすために打とうとしても、わざと空振りできるようになった、というのがイチローのこの発言の趣旨だった。

 一度は「打つ」という意思で振り出したバットを、わざとボールに当てない――これもまた高度な技術に裏打ちされた「いい空振り」ということになるのだろう。

コメントする・見る
BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長嶋茂雄
松井秀喜
イチロー
李承燁
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ