SCORE CARDBACK NUMBER

完封勝利を演出した
思わぬ新球場効果。
――マツダスタジアムと投手心理。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/05/11 06:00

完封勝利を演出した思わぬ新球場効果。――マツダスタジアムと投手心理。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 昨年、セ・リーグで与四球が一番多かったチームは広島で443個。リーグ最少の中日の336個と比べると、1試合につき1個近く多い計算になる。

 この状況を楽天投手コーチの佐藤義則は、かつてこう評していた。

「広島市民球場は狭いから、ピッチャーはホームランを打たれないように、コントロールを気にしすぎる。ピッチングから大胆さがなくなるせいで、ますます四球が増えて、しかも長打を打たれる、という悪循環が続くかもしれないね」

 ところが、今シーズンから広島の本拠地となるマツダスタジアムは、広島市民球場に比べてレフトで9.6m、センターで6m、ライトで8.6mも広くなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強の組織論。

Sports Graphic Number 728

最強の組織論。

 

関連記事

佐藤義則
前田健太
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ