オフサイド・トリップBACK NUMBER

最新トレンドは「ポジションレス」!?
CL決勝にみる、バルサ究極の進化形。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/06/12 08:00

最新トレンドは「ポジションレス」!?CL決勝にみる、バルサ究極の進化形。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

左右のMFとしてプレーしたマイケル・キャリックとパク・チソンを翻弄するメッシ。類まれな俊敏性と自在なポジションどりで、マンUの布陣を切り裂いた

バルサとは異なる方法論による「いいサッカー」とは?

 ただし個人的には、後者の方向性が実を結んだとしても、それはそれで一種の物足りなさを覚えると思う。

 今のサッカー界では、「いいサッカー=バルサのサッカー」という解釈が定着し過ぎている。これでは息がつまるし、面白みにも欠けてしまう。

 むしろ理想を言うなら、かつて旧ソ連からディナモ・キエフを率いてロバノフスキーが颯爽と登場したときのように、バルサとは別のアプローチで「いいサッカー」をするチーム、バルサの面々並みに高いテクニックと戦術理解度を持った選手を揃えた上で、なおかつバルサとは違う種類の「いいサッカー」を定義してくれる集団が出てくるのが望ましい。どのチームもバルサの縮小版のようになってしまったのではつまらないし、サッカーの進歩そのものに足かせがはめられるからだ。

オリジナルの“正しいサッカー”を提示する使命がマンUにはある。

「これは夢のファイナルだ。二つのビッグクラブ、偉大な歴史を持ち、“正しいサッカー”をし、すばらしい選手をたくさん抱えたクラブ同士が戦う。だれもがこの決勝を楽しみにしていた……選手もさ。イングランドとスペインの最高のクラブが揃ったんだからね」

 CLのファイナルが行われる前、マンUのギグスはこんなふうに語っていた。

 今夏、マンUは大幅なチーム改造に着手する。そこで求められているのは、単なる戦力補強ではない。バルサ的な解釈以外の“正しいサッカー”は成立し得るのか。そしてそれをマンUは、自らのクラブのアイデンティティーとして提示できるのか。ファーガソンたちは重い使命を担っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
バルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ