Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

イニエスタはメッシを超えるか。
~徹底検証・そのルーツと評価~ 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/11/05 10:30

イニエスタはメッシを超えるか。~徹底検証・そのルーツと評価~<Number Web> photograph by Getty Images

今季は怪我で出遅れたが9月に復帰。今年のバロンドール候補にも選ばれた

「イニエスタをマークするのは拷問にかけられるようなもの」

“ドリームチーム”のキャプテンとして一時代を築いたホセ・マリ・バケーロが称えるポイントは別だ。

「ドリブルやスピードもいいが、俺が特に気に入っているのはライン間の動き方。それからシュート動作の速さ。試合の読みも申し分ない」

 リズムを変えるセンスも特筆すべきだろう。ドリブル中のチェンジ・オブ・ペースは無論のこと、敵陣で仲間と緩いボールを繋ぐ中、一転“急”のスルーパスを出したりする。タメを作って周りの動きを待つと思わせて、突如ゴールへ突進したりもする。ノーモーションで出されるパンチのごとく予備動作は一切なし。守る側の対処はどうしても遅れてしまう。

「イニエスタをマークするのは拷問にかけられるようなもの。とんでもないテクニックを持っている上、予測不可能だから。どのタイミングで何をされるのか、右から抜きに来るのか、左から来るのか、抜いた後は中へ入って行くのか、サイドを上がって行くのか、全く予想もつかない」

 6シーズン前の初対戦以降、散々な目に遭わされ続けてきたバレンシアのディフェンダー、アレクシス・ルアノは嘆く。

攻撃だけではなく、実はディフェンス力にも非凡なものが。

写真

シャビに「君を追い出す才能を持った選手がいる」とイニエスタのことを伝えたグアルディオラだが、後に「シャビがあんなにすごいプレーヤーになるとは思わなかった」と謝罪もしている

 ポジションの関係上、攻撃面の長所ばかりが目に付くが、イニエスタはディフェンスもかなり巧い。ベナイジェスが言うとおり、不利なフィジカルコンタクトは避けるようにしているので、1対1は一見弱腰だ。しかし適確なポジショニングは、バルサのように組織的に守るチームにおいては、プレッシングという形で具体的な力に変わる。じわじわと距離を詰め、隙を窺ってボールを奪うワザは見事のひとこと。おまけに、器用さと戦術理解力も非凡ときている。

「監督にとってリオネル・メッシがチームにいるのは幸運だ。右サイドに置いても、左に置いても、ワントップにしても、常に素晴らしいプレーをしてくれる。でもイニエスタはね、本当にポジションを選ばない。サイドバックをやっている姿はあまり覚えていないが、何処をやらせても見事にはまるんだ」

 グアルディオラはただ褒めるのみ。

【次ページ】 パスではなくシュートを。イニエスタ、転機の瞬間。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ジョゼップ・グアルディオラ
アンドレス・イニエスタ
シャビ・エルナンデス
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ