Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

イニエスタはメッシを超えるか。
~徹底検証・そのルーツと評価~ 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/11/05 10:30

イニエスタはメッシを超えるか。~徹底検証・そのルーツと評価~<Number Web> photograph by Getty Images

今季は怪我で出遅れたが9月に復帰。今年のバロンドール候補にも選ばれた

イブラヒモビッチは「彼は世界のトップ5に入る」と絶賛。

 最近チームメイトになったばかりのズラタン・イブラヒモビッチもイニエスタにはのぼせ気味だ。

「彼のことは、しばらく前から注意して見ていた。昨シーズンのプレーには魅了されたな。でも、そのときの感激もいまとなっては何でもないね。練習している姿を間近で毎日見られるのだから。

 すごい選手だ。『すごい』 を特に強調したい。世界のトップ5に入る。昨季末に負った故障のせいでチームから離れていただろ。だから実のところ、まだあまり一緒にやっていないけれど、それでもすごいって思えるんだ」

イニエスタは“バルサの4番”の枠を越えた存在。

 '80年代の終わり、バルサの監督に就任したヨハン・クライフは「4番」というポジションの概念をクラブに植え付けた。中盤の底からパスを出し、試合を組み立てるチームのコンダクターである。

 ルイス・ミーヤに始まるこのバルサ4番の系譜には、カンテラ出身者からグアルディオラ、シャビ、セスク・ファブレガス、マルク・クロサスらが名を連ねており、イニエスタもここに含まれる。それゆえグアルディオラは予言した。彼が自分らからポジションを奪い取る存在であることを。

 しかし、それは間違っていた。

 イニエスタは「4番」ではあるが、その枠内には収まりきらない。シャビを追い出すのではなく、バルサでもスペイン代表でも完全に共存しているのはその証拠である。

「唯一足りないのは身長。接触プレーは基本的にダメだ」

写真

身長170cm体重65kgと小柄で、特にスピードがあるわけでもない。しかしそれを補うポジショニングやボディバランス、スタミナ、そして驚異的な“頭脳”で常に最善のプレーを生む

 12歳のイニエスタに目を付けバルサに誘った張本人であり、以来友人として、コーチとして、彼を見守ってきたバルサ育成部門のコーディネイター、アルベルト・ベナイジェスは誇らしげに言う。

「彼はサッカー選手に必要なセンスの全てを兼ね備えている。特に優れているのは考えるスピード。頭の回転があれだけ速い選手はそういない。中盤に置くには理想的だ。また、ドリブルしながら相手をかわすことにかけては世界一だと思う。だからウイングとしても完璧といえる。唯一足りないのは身長だろう。身体の接触があるプレーは基本的にダメだよ。ただ、フィジカル面の不足は頭の良さでカバーしているけどね。

 あの身体で現代サッカーの中盤をやるのは無理と言う人もいた。でも、そんな馬鹿な話は時間とともに聞かなくなったな。バルサでもスペイン代表でもヨーロッパのチャンピオンになったのだから当然か」

【次ページ】 「イニエスタをマークするのは拷問にかけられるようなもの」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ジョゼップ・グアルディオラ
アンドレス・イニエスタ
シャビ・エルナンデス
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ