欧州CL通信BACK NUMBER

モウリーニョとレアルを完全凌駕した、
グアルディオラとバルサの戦術と能力。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byReal Madrid via Getty Images

posted2011/04/28 13:10

モウリーニョとレアルを完全凌駕した、グアルディオラとバルサの戦術と能力。<Number Web> photograph by Real Madrid via Getty Images

お互い相譲らぬ名采配ぶりを繰り広げるグアルディオラとモウリーニョ。ラリー・クラシコ4連戦は、互いに1勝1敗1分けとなったが、CL決勝への切符は、ほぼバルサが得たことになった

バルサの中盤を担う3人と、レアルのTrivote3人の激突。

 では何故、そのポジショニングを取らせることが賭けだったのか? 

 グアルディオラはこう語っている。

「前線の選手をサイドで我慢させることは、中央でのパス回しへのサポートが減るリスクがあった。それはシャビ、メッシ、ケイタのパス回しが高い位置でブロックされるリスクもあったということだ。だが、3人は完璧なプレーを見せたし、ブスケツも彼らをしっかりとサポートした」

 グアルディオラが完璧と評したバルセロナの中央でのパス回しは、過去2試合同様にレアルのTrivoteの追走をぎりぎりでかわしながら、約70%のボール保持率を維持した。

 バルサのパス回しの中核を担った3人とレアルのTrivoteは同じ人数。だが、バルサの3人が正確にボールを扱う限り、アドバンテージは常にバルサ側にあったのだ。

 いくらレアルのTrivoteが屈強であろうとも、正確にボールを操るバルサの3人は、相手からファウルを勝ち取り、さらに不用意にボールを失うこともなかったのだ。彼らの生命線である高いボール保持率を可能にする技術によって、グアルディオラは賭けに勝った。そしてサイドに開いた2人のポジショニングの威力は最大限に引き出されることになった。

前半から攻め続けたバルサ。ペペ退場から一気に得点を奪う。

 前半10分。中央でボールを繋ぎながら右サイドへとボールを運んだバルサはビジャにパスを回す。レアル左SBマルセロと相対したビジャは彼との距離を詰めようとサイドに引き出されていたマルセロをかわしてインサイドに切れ込むと左足でわずかに枠外へと外れるシュートを放つ。

 さらに24分。再び右サイドにボールを動かしたバルサは、インサイドに入ってきたメッシへとパスを回す。対応が遅れたレアル守備網をドリブルで揺さぶったメッシが、最終ライン裏へと飛び出したシャビへとパスをつなげる。シャビはカシージャスと1対1となってシュートを放った。

 シャビのシュートはカシージャスの正面を突いたものの、明らかにレアル最終ライン前のスペースで先手を取っているのはバルサという場面がその後も生まれ続けた。一方のレアルはカウンターからバルサ陣内へとボールを運び、そこから得たFKやスローインからボールを受けたロナウドがシュートを狙ったがゴールは遠かった。

 バルサが流れを引き寄せながら前半を終えた試合は、後半に入って一気に動き出した。決定的だったのは60分のペペの退場だった。

 バルサ陣内に放り込まれたボールをアウベスと争ったペペは、一瞬早くボールを蹴り出そうとしたアウベスの右足に足の裏を見せて飛び込むファウルを犯してしまう。主審は線審と協議した結果、ペペにレッドカードを提示。

 さらに第四審判に侮辱的行為をしたとしてモウリーニョ監督までもが退席となった。

 ベンチに座ることができなくなったモウリーニョはベンチ脇の客席へと移り、指揮を執ることになった。

【次ページ】 なぜモウリーニョは守備的選手を投入しなかったのか?

BACK 1 2 3 NEXT
ジョゼップ・グアルディオラ
バルセロナ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ