SCORE CARDBACK NUMBER

宮里藍が感じた上田桃子のまぶしさ。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2007/11/29 00:00

宮里藍が感じた上田桃子のまぶしさ。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 アメリカ女子ツアーから帰国した宮里藍の調子が悪い。今季、連続予選落ちするなど、昨年までの宮里らしい潔いショットが陰をひそめ、自信のないプレーが続いた。米ツアー2年目の洗礼といってもいいかも知れない。

 その宮里が、今季絶好調の上田桃子の優勝シーンをまのあたりにして「とてもまぶしい」と表現していた。

 確かに、今季の上田桃子はまぶしい。米女子ゴルフツアーにも組み込まれているミズノクラシックで、上田は最終日、首位タイでスタートし、66で回り通算13アンダーで優勝した。パー5の7番ホールでは日本ツアー史上8人目となるアルバトロスを記録している。今季4勝目で、賞金ランクも2位に3200万円差をつけ、首位にたっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

宮里藍
上田桃子

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ