SCORE CARDBACK NUMBER

活況の続く女子ツアー。今季輝くのは誰だ? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2008/04/03 00:00

 今年の女子ゴルフツアーが3月7日に開幕した。初戦のダイキンオーキッドレディースでは、韓国の宋ボベがツアー初優勝、賞金王を狙う横峯さくらが2位に入った。

 今季、女子ツアーは1試合増えて、年間37試合になった。昨年は3月中旬から3週連続で試合がなかったが、今年はそこにヨコハマタイヤPRGRレディスカップなど2トーナメントが名乗りを上げた。3月から11月のシーズンのうち、試合がないのは3月末と8月最初の週だけ。この2週にしても、3月は中止になったものの日本女子ゴルフ協会(LPGA)が主催してオーストラリアで大会を開催する予定になっていたし、8月は全英女子オープンと重なっている。男子のトーナメントが今年1試合増えてようやく25試合だから、その差は歴然としている。賞金総額は30億円を越えて4年連続で最高額を更新し、女子ツアーは全盛期を迎えたと言えるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 516文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[700th Anniversary Special Issue]総力特集・運命をめぐる物語 特別な一日。
上田桃子
横峯さくら
古閑美保
飯島茜
大山志保
不動裕理
福嶋晃子

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ