SCORE CARDBACK NUMBER

「限界」を認めない清水宏保の新たな挑戦。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/11/23 00:00

 今年もまたスピードスケートのシーズンがやってきた。国内では10月末に全日本距離別選手権が行われ、ワールドカップも11月10日にオランダのヘーレンフェーンで開幕した。昨季のトリノ五輪でメダルなしに終わった日本勢はすでに次のバンクーバー五輪に向けて動き始めているが、いろいろな意味で一番注目されるのは清水宏保(NEC)だろう。

 トリノ五輪では得意の500mで18位と惨敗。32歳という年齢を考えれば、そのまま引退してもおかしくなかった。だが、清水は再びリンクに戻ってきた。しかも、初戦の全日本距離別では1回目こそ35秒75で4位だったものの、2回目は後半の粘りで同走の加藤条治(日本電産サンキョー)を逆転。35秒41の好タイムをマークし、合計でも1分11秒16で見事3位に食い込んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[彼らは何故、安住の地を捨てたのか]越境秘話。
清水宏保
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ