NumberEYESBACK NUMBER

原点にこだわって復活した安藤美姫。 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

posted2006/11/23 00:00

 「新しいステップは上半身も使うし、エッジの使い方も難しくて自分にとってはハードだけど……。今年は苦手なステップを克服して、高橋大輔選手みたいに、大きな拍手をもらえるようになりたいですね」

 10月27日午前、SPの練習で入念に繰り返していたステップについて質問されてこう答える安藤の表情は、どこか楽しげにさえ見えた。

 その夜、激しく情熱的に舞う安藤のストレートステップには、客席から大きな拍手が沸いた。グランプリシリーズ開幕戦のスケートアメリカを見に来た観客は、新生・安藤美姫の試みを高く評価したのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

安藤美姫

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ